17.09.26 - 10.06

ラプソンフープ戦が本当に苦行だった。

ドラクエ11もプレイ100時間越えて全ての裏のボスクラスを撃破してやっと終われるという状態に至ったので、感想をまとめようと思う。


開始直後、「上画面3D・下画面2Dの同時進行」という「技術的になんか凄そうなプレイ画面(ただし意味は不明)」で始まり、度肝を抜かれる。「とにかく今作は実験的要素盛り込みまくりました」という意気込みは感じまくった。

ゲーム全体に「ちょっとチープ目(それでもドラクエ9に比べたら物凄くきれい)な画面で進み、要点でCGムービーが流れる」という形式なので、プレイしていてとてもFF7っぽさがあった。今時のRPGならしゃべってくれても良かったと思う。DQ8はフルボイスだったし。

主要キャラであるベロニカがパーティを救うために犠牲になってそのままストーリーが進む、というのもとてもFFっぽい。しかし表ボス倒すまではとても王道な感じで、難易度もプレイ時間も適度であった。50時間程度でクリアできた。


しかし、「とりあえず表向きのクリア」からがとんでもなく難易度がアップし、しんどい。ストーリーも地続きでガッツリ続くので、とても「クリア後の世界」という感じではなく普通に「まだ未クリア状態」としか思えない。

で、裏ボス戦に至る前にあちこち巡って強化に励むのだが、ところどころで出会うボスが表ボスが雑魚に思えるぐらいに強く、ドン引きする。

加えて、そもそも「強くなるためにはレベルを上げるべきなのか装備を揃えるべきなのか」が今ひとつ見えにくく、何をすれば良いのかというのも解らない状態が続く。一応、速攻で海底行って「女王の愛」を取ると行先を示してくれるが、そもそも「まず海底に行く」という選択肢が浮かばない。

そういう感じでクリア後のゲームバランスが全体にどうも良くないと思うのだが、加えてすれちがい要素の「時渡りの迷宮」が本当に苦行過ぎた。もう少しどうにかならなかったものか。1周をもっと楽にして、何周もやってアイテム稼ぐ方式が良くないか。


特にゲームバランスがどうかと思ったのがラプソンフープ戦。

「とにかくキラキラポーンで状態異常耐性を付加してしのぐ(しのぎ切れるとは言ってない)」しか攻略めいたものは浮かばなかったし、それでも戦線がグダグダになったけどどうにか粘ってたら倒していた、という状態なので同じことをもう一度できるかと言えば全くできる気がしない。

FFにおけるリボン的なアイテムの無いドラクエでモルボルの臭い息を連発するような攻撃続けられるの、オレが今までRPGで経験した中でも五指に入るレベルのクソ戦闘だと思う。


まぁドラクエ11のクリア後の世界については愚痴しか出ないような状態(主にゲームバランスが)なんだけど、裏ボスのBGMがDQ3ゾーマ戦のそれで素晴らしかった。この演出の流れでそんなもん流されたら「四万十川の鮎を食わされた京極さん」の如く泣くしかない。

「時渡りの迷宮&祭壇」が既にドラクエ過去作の総集編みたいなものだけど、ゲーム中でもホムラのBGMがジパングのそれだったり、空飛ぶ手段のUMAであるところのケトス復活シーンがラーミア誕生シーンをなぞっていたり、とにかくDQ3オマージュが多い。オッサンにはたまらんものがある。


要するに、ドラクエ11のクリア後の世界というのは、つまり「理不尽な難易度と引き換えにした、オッサンの懐古趣味に全力で応えるというご褒美」なのだな。


というわけで、装備のために素材集めたり、ヨッチの死体で道を作るが如き時渡りの迷宮を踏破したり、ラプソンフープのむちゃくちゃで何度も全滅させられたり、とかく苦行が多いドラクエ11だが、ドラクエ総集編としては経験しておいて良かった。そういう感想。

2017年10月07日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

17.09.13 - 25

FGOのマーリンピックアップ。

沖田のピックアップは全力出すべきかなぁと迷っているうちにマーリンピックアップが来てしまい、頭が処理できるキャパを超えた。コレ、全力出し尽くしたあとにジャンヌオルタピックアップとかやらねぇだろうな…?

マーリンは必要な時にフレンドに借りれるが、自前でマーリン持っとけば他の鯖を借りれるんだよなぁ。



とりあえず、マーリン狙いで呼び符20枚行きます。

2枚目で槍黒王来た。嬉しいけど今はそれじゃない。

結局、槍黒王と虚数魔術のみ。10連1回追加。


……いいやもう全部行っちまえ。


呼び符20枚と石180個、討ち死にでござった。

よく皆これを金払って引くなぁ…………。



マーリン爆死勢ですけど、無料の呼び符25枚と石を180個失っただけなので、世の中的には爆死のうちに入らないのだろうな。

パチンコで「まぁ当たってもええやろ」という皮算用ができるのは感覚的には確率分母2倍なんで、FGOで言うとガチャ200回ぐらいかなぁと思う。

夏に水着アルトリア・水着玉藻・ホームズを立て続けに引けた時点でFGO1年分の運は使い果たした実感あったので、マーリン引けないごときで凹んだりはしない。

マーリン引けないのはまぁ仕方ないにしても、せめてカレスコが一枚でも来てりゃなぁ…。

Twitterで「マーリン 爆死」で検索しようとすると「マーリン 爆死 万」がサジェストされるの、かなり如何なものか。



後日。

マーーーーーリン来たァアアァアーーー!!!!

今日のログインで呼び符と石30個もらう→爆死ついでや!全部ぶち込んだるぁー!!→来たあああああああ!!

全ては無駄ではなかった…。無駄ではなかったのだ…。

呼び符20枚&石180個ぶち込んで引けなかったのが石30個で引けたと思うべきか、石210個で引けたと思うべきか。



新潟 酒祭2017(酒の陣ではない)。

去年、これで「嘉山」に出会えたんだよな。今年も行っとくべきか。

新潟駅南の酒祭、去年は確か10蔵元ぐらいしか無かった気がする。それが28とかめっちゃ増えるな。



新潟酒祭2017、越銘醸の「壱醸21」飲めたのが一番の収穫。精米歩合21%、半端無ぇ。

あと、今までなんとなく飲まなかったけど、菊水の無冠帝が思いの外美味かった。濃くてスッキリした甘口。

大洋酒造の日本国。たかね錦。蒲原のたかね錦と同じく、カラメルのような「甘苦香ばしい」みたいな風味がある。これがたかね錦なんだな。

去年に比べて参加酒蔵が倍、会場の広さも倍。でもって、去年は入り口でクーポン買って使う方式だったのが、現金払い方式になった。こっちの方が良いよ。

あと、あくまでも試飲のみで、瓶での販売はしなくなってるな。

人出は去年の5倍ぐらい居る。盛況。

「人出5倍」ってのは正確に言うと、去年が規模が小さい&知られてなさすぎて、引くぐらいガラガラだった。



最近のTwitter。

ふと思ったけど、Twitter踏みつけデモみたいなのが行われるようになった原因のひとつに、Twitterがバカみたいな仕様変更重ねて「見たくないツイート」「表示されるべきではないツイート」を無理やりTLに表示させるようにしたからってのがあるんじゃねーのかな。

今、自分が本来見るはずの無い左派のツイートが流れてきたから実感として思ったんですけど。



まぁ、今日日Twitterが自称すらしてないのに「言論プラットフォームとしての責務を果たせ」とか無茶言われるの、こういう「見たくないツイートを無理やり見せ付けて争いを起こすような真似をする」というのが一因でもあり、自業自得感もある。

オレらもついこないだまで絵師の凍結(及び従来の意味不明な凍結)で騒いでいたわけなのだから、今回あっちへのカウンターとして「Twitterは私企業なんだからどう凍結しようが自由だろ」と言い出すのも違う。

「本当に恣意的・勝手にやられると使い物にならないので基準ぐらいは明確にして欲しいし、常識的に対応して欲しいし、それがどうしても叶わないなら他探すしかないね」「ただ、言論プラットフォームとかいうよく解らない公的役割を私企業に押し付けるのは、明確に違う」というところ。



etc.

「スポーツ漫画は主人公の勝ちで勝敗が決まってるのに何で読むの?」と言われても「過程にこそ意味があるから」としか言えんなぁ。

ワンピースだってどうせルフィが海賊王になって終わるのは解りきってるけど、そんなことよりサンジが土下座して「クソお世話になりました!!」って絶叫するシーンの方が重要でしょうよ。



「ミサイル撃たれても出勤する社畜日本人www」みたいな話、真面目にツッコミ入れると普通にミサイル撃たれて通勤遅延が認められるべき範囲ってせいぜい「Jアラート出てから通過通知が来る10分程度」じゃないですかね。

ミサイルが本土に落ちて自分や家族に被害出てるならともかく、「7時にミサイルが太平洋に落ちたので今日は会社休みます」の正当性の論理的な説明なんかできないでしょ。



社内交流も程度問題なんすよね。「(年数回程度の社内行事も日常の職場の飲み会もごっちゃにして)数が多い!→全廃しよう!」になるのは、まぁ普通に頭悪い。

社内の日常的雑談とか飲み会とかバカにならなくて、ああいうのが無くなると余計にコミュニケーションコストは上がって日常はしんどくなる(当然、全然知らん人より何度か言葉を交わしてる人の方が話を通しやすい)のだけど、職場の飲み会を異様に嫌う人ほど「飲み会を無くすと周囲が自分に優しくなるはず」みたいなよく解らん前提を持ってるように見える。むしろ逆に厳しくなるに決まっているのだが。



「右派も左派も、結局は日本は北朝鮮と戦争して負けるとは全く思ってない」というのが目に入ったけども。

というか、「宣戦布告とミサイル飛ばす」をセットでやられてもまだ戦争状態ではないことになっているのだから、もう「戦争状態」を想定することが無理だと思う。勝ち負け以前に。

「専守防衛の範囲内の先制攻撃としてミサイル発射場をこちらから先に攻撃してよいかどうか」も「戦争の話」ではないのだから、当然「勝ち負け」という概念の入る余地は無いし。「成功/失敗」はあるけれど。

まぁ、「北朝鮮への直接的武力攻撃」というのは「野党への政権交代」と一緒で、「切らないから意味を持ち続けるカード」ではあるのかもしれない。もしこのカード切って何も変わらなかったら本当にヤバイことになる。政権交代カードは実際に切ってこうなったわけだし。



「日本国内に住んでるからと言って、利害が共通するとは限らない」っての、もう完全に前提として認識しないとダメだね。「景気が悪くなって皆が苦しんだ方が儲かる」って人も同じく一票持ってる日本人なわけで。

年金生活者みたいに、景気に無関係に常に同じ額入ってくる人とかね。そういう人はそりゃ1ドル50円でも構わんとか言うよね。



「今より民主党政権下の方が景気が良かった」とか言うの、「周りが不景気な方が儲かる商売やってたから自分は豊かだった」という話をするならまだ解るけど、実際不景気のあおりを喰らってたのに「ドルベースの数字上は経済成長してたのだから豊かだったに違いないんだ!」とか言って体感をイデオロギーのためにごまかしてる人はかなりどうかと思う。源泉徴収票に載ってる数字で話をしないと。



中川いさみがモアイで描いてたり榎本俊二がゲームサイトで描いてたり封神演技がリバイバルしたりするの、要するに「20年ぐらい前にコンテンツを楽しんでた年代が編集などの仕事で決定権を持つような年齢になった」ってのもあるんだろな。



こないだ実家帰ったらハンドスピナーあったのでしばらく回していたが、「回したまま右手から左手に投げて移す」みたいな技の練習やり始めると普通に面白くてハマってしまう。


2017年10月03日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

17.08.30 - 09.13


これねぇ、「みみっちい」とかそういう次元じゃなくて、この程度の暗算で「暗算ができるのをひけらかされてるようでムカつく」って人が世の中には本当に居るんですよ…。


小銭を少なくする計算って、一般的にはどうやってんですかね。

オレは「680円か。まず100円玉1枚出す、500円玉無いから代わりに1000円札出す、これで600円は終了。次に80円はまず10円玉3枚出す、50円玉は無いから代わりに100円玉出す、これでお釣りが500円玉と50円玉1枚」みたいな感じなんですけど。

「500円玉無いから代わりに1000円札出す」「50円玉は無いから代わりに100円玉出す」みたいに「出したい硬貨が無い場合に、1つ上の硬貨を出す」とやっていけば自然と財布の中の小銭は最小になる。「1000-680=320, 320+230=550」みたいな計算はしてない。



最近読んだ漫画。

タブータトゥー全13巻読了。「美少女」「異能バトル」「オマージュの塊」でできたような作品であった。最終的にジョジョ並に話(というか絵)が解りにくいのが欠点だが、レベルは高かった。

「無とはいったい…うごごご」とか「私はアリヤバータ すべての人類を消し去りそして私も消えよう」とか「決戦の最後に呪文に包まれる地球」とか、FFオマージュを練り固めたような最終巻だった。

オマージュっつーかパロディだなここまであからさまだと。

何で急にタブータトゥー読んだかっつーと、絵が好みで気になってたところでKindleで1~12巻半額セールやってたからつい一気買いしてしまったため。

序盤でヒロインとラスボス(敵国の姫)がキャッキャウフフしてたような話が、いきなりヒロイン惨殺されてガチな殺し合いになって国レベルの戦争に発展して最終的に地球の興亡かかる話になって終わるとは思わねーべな。



アカギがポン引きで大勝ちしてるの、またヤクザに斬られそうになる展開しか浮かばないんだが、これやっぱ「鷲巣麻雀前の丁半博打の展開」の意図的なループなんだろうな。鷲巣麻雀もアカギにとっては日常の博打の1つに過ぎなかった、的な。



進撃の巨人はもう全く話についていけねぇ。



衛府の七忍4巻読んでる。が、やはり「誤チェスト」の破壊力が半端無い。笑うわこんなんw

とりあえず「薩摩ぼっけもんが源之助を挑発→キレた源之助の虎拳喰らってストンと落ちる→恥ずかしい!生きてはおれん!!→その場で即切腹&介錯→ぼっけもんの切腹の速さに源之助ドン引き」で笑わざるを得ないw

シグルイを全力でギャグに昇華してる作品だと改めて思う。



ドラクエ11、ここまででプレイ時間60時間。

ドラクエに睡眠時間を持っていかれている。とてもよくない。

昨日ベロニカが亡くなりまして、エアリスが死んだ時と同様のショックがあったのですが、本当にドラクエ11は今までのDQFFの過去作のエッセンスをぶち込んで作ってるな。

「ベロニカ亡くなる」→「そうは言っても何かイベントあって復活するんでしょ?w」→「セーニャがベロニカのスキルを引き継いだ!」→「…えっ、これマジなヤツ…」

リアルに「…えっ!?」って声が出た。

「キャラが死んでスキルを継ぐ」っつーとエアリスというよりFF5の「ガラフ→クルル」の方が近いか。ドラクエで「ストーリー中盤から最後までキャラが死亡で抜ける」って、今まであったっけか。多分無いよな。

まぁ最終的には復活できるらしいとは聞いてますが。



ドラクエ11、「主人公はプレイヤー自身なのか作中の登場人物の一人なのか」が定まってないからイベントシーンのたびに「結局コイツは何なんだろう…」と思いながら主人公眺めるハメになってる。

別に「プレイヤー=主人公」である必要は無いと思うけど、ドラクエ11で「プレイヤー≠主人公」をやってしまったら完全に「コレFFやん!!!」になってたろうなぁ。

DQ8もDQ11も、「プレイヤー=主人公」としているわりには主人公キャラに色が付きすぎているんだよなぁ。DQ11に至ってはFF7のクラウド並みにプレイヤーのあずかり知らないところで主人公キャラが勝手に動いてる感じがする(そういう意味でクラウドは(悪い意味ではなく)極端すぎたが)。



ドラクエ11、とりあえずクリアした。エンディングで早々「to be continued」になるので本当に「とりあえず中間地点通過」みたいな感じだ。噂通りにラスボス強くないしな。ダメ元で突撃したらそのまま倒せてしまった。

「ベロニカを生き返らせるまでがドラクエ11です」感ある。 #家に帰るまでが遠足です

ブレイブリーデフォルトに続き、なんか今年は「過去に戻ってやり直し」みたいなストーリーのRPGばかりやってるな…。



https://twitter.com/rionaoki/status/907032574433693696
うん。

ドラクエ11のポリコレ違反、そもそも「双子姉妹が空飛ぶUMAを呼ぶ」という設定から既にポリコレに引っかかってる感じがするが、これって「モスラ→DQ3ラーミア→DQ11ケトス」のオマージュだし、政治的正しさに従うとそういう「ポリコレという概念が無かった頃の作品のオマージュ」もできなくなるんだよなぁ。



etc.

https://twitter.com/ninjayokosuka/status/902524375299215360
ポリコレによって黒人奴隷が消えた創作物で育った子供は、当然に「アメリカに黒人奴隷なんか居なかった」と言い出すだろうな。

「完全に滅菌された世界でどうやって菌を教えるのか?」みたいなことを差別でやるわけだね。



Twitterでも過激でアレなツイートほどバズるのは、結局のところネットは「構ってちゃんの荒らしが猛威を振るってた2ch」から2017年になっても一歩も進歩してないってことなんだろうな。

面白いこと・楽しいことが広まって呪詛は無視される、というのが理想のインターネットだけども、これをシステムで実現しようとするのはなかなか難しいわなぁ。

呪詛も、言ってる本人や広めてる人たちは呪詛のつもりではなかったりするのが普通だしな。



新聞見てたら「ミサイルで原発狙われそうで心配」みたいなの見たけど、ミサイルがすでに核搭載できるってのに原発狙ってどうするんだろうか。



ぶっちゃけ日本がこれから核装備したところで北朝鮮の抑止になるわきゃないのだから、これからの議題は「撃たれる前に撃つことの是非」だと思うのですが。

既にアメリカの核ににらまれてるのにここまで来てるのだから、今さら日本が核装備して北朝鮮の何の判断材料になるのか謎過ぎでしょ。



ハリケーンに対して緊急事態宣言を出したトランプ大統領に対して「お前の存在が緊急事態宣言だ」みたいなリプライ付いてて、向こうにもクソリプって普通にあるんだなと思った。



結局、大量の憶測があっただけでここに至っても「SMAPは何故解散しなければならなかったのか」が全然解らないの、すげー話だなと思う。

「ジャニーズの誰と誰に確執があった『らしい』」とか「水面下で物凄い折衝があった『らしい』」とか、そういうのは耳タコだけど、結局のところ表でそういうことが言明された事は一度も無かったわけじゃん。

でも皆「そういうことなんだろう」という裏の無い憶測をベースにして事態を飲み込んでるわけじゃん。すげーこと(悪い意味で)だと思うんだけどねコレ。



仕事でもゲームでも何でも「思い込みでミスをする」というのはあるんだけど、そもそもそれ自体が結果論であって思い込みでミスをしたと思う瞬間まではそれを思い込みだとすら認識してないよな。

だから「思い込みを排除してミスを無くそう」というのは「ミスをしないように気をつけよう」ぐらいの無意味な話でしかない。

「思い込みによるミスの確率と判断の速さはバーター」というのはもっと理解されるべきだし、最高速度で走っていれば急なカーブでは曲がれない。

「ここはカーブも障害物も無い直線だからアクセル踏み込もう」の時点で既に思い込みであって、ここが本当に「カーブも障害物も無い直線」かどうかは走る抜けるかクラッシュした後でないと解らない。目視確認したところで「カーブも障害物も無い可能性が高い」ぐらいでしかない。



夏になるとコンビニでもスーパーでも花火売ってるけど、実際のところどこでやればいいんだろうかと思う。昔と違って今は花火やって良いところなんて厳密には存在してないのでは。

いまだと一戸建ての庭先ですら「花火の煙が隣家に流れるのでダメ」とか言われそうだ。



「閲覧注意」というのが「注意喚起」ではなくて「単なる煽り言葉」に変遷した結果、震災津波映像のような「本当に閲覧前に注意しなければならない映像」に対して注意喚起する言葉が無くなる、みたいなのは本当にどうにかならんかなと思う。

「放送事故」なんかもそうで、「放送する側が意図してないような過激映像(のように見える演出)」という煽りになった結果、本当に「放送が止まった」という意味での放送事故なのか解り難くなった。


2017年09月14日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.08.12 - 29

2017/08/29 6:02

ミサイル発射警報か…。

実際のところどうしろと言うのだ…。

ミサイル発射警報、コレ東京鳴ってねぇのか。東京に出ると出ないとで今後の世論全然違うと思うぞ。



「テレ東までもがミサイル発射の特番を入れ、これは本当に戦争かと思われたところ、けものフレンズは予定通り放送され安堵が広がる」まで読んだ。

北朝鮮がアメリカの反応を見ることしか考えてなくてミサイルが通過する日本のことは考慮からスッパリ抜けてる、というほどアホじゃないと思いたいが、もうこれ解らんなぁ。



「Jアラート鳴動で『逃げて!と言われてもどこに逃げたらいいか分からなかった』と言う人は何ヶ月間もニュースや政府公報などを見てなかったのか?」…と言うけれど、そう言えるほど報道されてないと思うよ。この数か月の政治関係なんかモリカケと豊洲だけだったじゃん報じられてたの。

モリカケ問題を報じる時間の1割でもこういう広報に使って「メディアが本来果たすべき役割」を全うしててくれたらなぁと思う。



「Jアラート受けてもできることがない」というより「とりあえず家の中でカーテン閉めて布団かぶって寝ていればわりとベターな行動」というのが正しいのでは。そもそもミサイル直撃しても助かる行動自体が存在しない。



24時間テレビ。

毎年「24時間テレビなんかやってないでその制作料を寄付しろよw」とか言われるわけだが、そもそも製作費用の多寡の問題じゃなく「企業は広告目的にスポンサー料を出すのであって寄付金として出すわけではないのだから、『番組制作費を寄付すれば』というのは詐欺教唆レベルの戯言」というのがもっと言われるべきだと思う。

おつかい頼まれて渡されたお金を道端でやってた共同募金に全部寄付して何も買えずに帰ってきて怒られないとでも思ってんの?って話ですよ。

「24時間テレビの製作費用を寄付すれば良いじゃん」というのは「種籾なんて撒かずに食っちまえば良いだろ」レベルの話をしているわけです。



FNS27時間テレビが青息吐息なのに比べて24時間テレビが古臭いまま健在なのは、やはり「金が集まる番組だから」ってのが大きいんだろうなぁ。あとなんだかんだでテーマが固まってるのと。

今のワケの解らない障碍者のお涙頂戴番組と化した24時間テレビは嫌いだけど、「特別番組として募金活動をやる」というのはやはり企画として白眉だと思うよ。



24時間テレビは続くけどかくし芸大会は終わったりするの、正直よく解らない。

ここ10年ぐらい、テレビ局の「伝統番組」の取捨選択が狂ってねぇか?という気がする。まぁ「いいとも」はタモリの年齢問題があるから仕方ないにしても、土曜ワイド終わらすとか、さぁ。

土曜ワイドもニチアサも、伝統枠どかして報道番組にするほど報道番組が視聴率取れるとは到底思えないんすけどね。




この話、そもそも問題提起している側が算数と数学をごっちゃにしているのが悪いのでは。この問題ではもはや掛け算の順序とは違う。

「85円×144本+144円×15冊」を「144×100」として良いとするのは「単位をガン無視してよい」という話で、このケースは確かに「ズル」としか言えないと思う。「たまたま数字が同じだったら単位は無視してよい」という理屈は算数にも数学にも無いはずなので。

「掛け算の順序の問題」は「85円×144本を144本×85円と書いたらダメ」とか言い出すことだったから賛否(というかほぼ否)あったけど、「85円×144本=85本×144円」とか教えたら、そりゃダメでしょ。それ交換法則じゃないもの。

「掛け算の順序の問題」に対して「85円×144本を144本×85円と書いても良いだろ!」ではなく「85円×144本も144円×85本も一緒だろ!」という思考で反発していた人が少なからず居たのだなぁと、ちょっとビックリしてる。



最近のTwitter。

最近、わりと本気で「こっちばかり多方面に勝手に配慮する必要は無くて、もっと向こうを見習ってダブスタ全開でエゴを叫ぶぐらいで丁度良いのではないか」と思ってる。

これからは「ダブスタとか知るかよ!オレはそれが良いんだ!!それで何が悪い!!!」ぐらい叫べないとダメなのかもしれない。

一人で勝手に中庸を目指すのではなくて、エゴをむき出しにして遠慮なく殴りあうことで中庸を目指すべき、というか。

こっちが1を主張し、向こうが-1を主張すると、足して0になる。一人で勝手に遠慮して0を目指したところで相手は変わらず-1を主張するので、足すとマイナスになる。そういう感じ。

対話が不可能な人が増えすぎているので、これからはひたすら一方的に叫んで中和していくみたいなことがネットの言論として必要というか当たり前になっていくんだろうなと思った。



「何で他人に異様に厳しい人ほど自分には激甘になる傾向があるのか」について少し考えたが、そういう人は「そもそも自分が何を言っているか解っていない(自分の言葉が客観的にどう受け止められるか理解してない)ため、結果として『自分の言葉を他人が聞いたときに設置される他人へのハードル』と『自分の言葉による自分へのハードル』とがかけ離れてしまい、ダブスタが生まれる」ということなのではないかと。

他人がミスして「そんな程度でミスするようなヤツは死んでしまえ!」という人、自分が失敗した時には「他人のミスにはちょっと厳しく言っちゃったから、自分も反省しなきゃねー(テヘペロ(←自分にとって厳しめの反省」となるわけね。

自分がいつも言ってる「死ねとは言ったが死ねというつもりで言ったわけではない」というやつ。



etc.

世の中死亡フラグ数あれど、日本において「サスペンスで犯人をゆする」に勝るものは無い。

何でこんなにもサスペンスには必ず犯人をゆすって金を取ろうとして殺されるやつが絶えないのか。



普段車に乗らなくなって歩行者の立場になることが多くなって大分経つけど、右左折時に横断歩道の歩行者の有無を見ない車が大体10%ぐらい居て、横断歩道の歩行者を見ながら「オラどかんかいひき殺すぞ!!」とアクセル踏む車が0.1%ぐらい居るという印象。



「肉親が死んだ時の葬儀や埋葬などの手配」というのは、どこで(タイミング的にも場所的にも)学ぶものなのだろうか。よく皆当たり前のようにこなしてるなぁと物凄く不思議なんだけれど。

結婚式は「式を考えているんですけどー」と式場窓口で相談すれば全部教えてくれるからそういう点では楽だったけど、葬式は自分から予定立ててすることじゃないし。



ハンドスピナーで「無間の歯車」作ったらめっちゃ売れそうな気がした。



ここ最近、Kindleで無料だったクッキングパパの1~3巻読んでいるんだが、「30年前の作品」ということを念頭において読むと本当に凄いぞこれ。「兼業主夫とキャリアウーマンによる理想的な家庭」というジェンダーフリーのテーマを30年前に描けていたと思うと先進的過ぎてビックリする。

あと飲酒に対する緩さの描写が30年前の世相の資料として通用するレベル。子供がちょっと飲んでいたり、軽く一杯飲んだ後にスクーター乗ったり、今では絶対にありえないが当時の飲酒に対する意識は確かにそんなもんだった。

何度も言ってるけど、世の中が飲酒運転に対してここまで厳しくなったのは本当にここ10年かそこら(2006年の福岡海の中道大橋飲酒運転事故による)だからね。



新潟県庁前の眼鏡のパリミキ、仏壇のTOAになったのか…。時代やのぅ…。

仏壇墓石葬儀が世の中のメインビジネスになっていくの、本当に日本がフェードアウトしていく感じがする。


2017年09月03日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:1

2017.07.22 - 08.11

ダンジョン飯5巻。

ダンジョン飯5巻読んでる。カブルーの印象の悪さ半端無い。

マンドレイクの頭をノータイム&ノーリアクションで食べるマルシル…。強くなった…。

コカトリスに石化食らったら漬物石にされるマルシルで耐えきれんかったw



読了。当然っちゃあ当然だが、やはり5巻から一気に雰囲気が変わったな。4巻までが1部、これからが2部という感じ。カブルーが不穏過ぎて読んでてキツい。

今後の展開、難しいなぁ。カブルーとシュローにこれまでのいきさつとして黒魔術でファリン生き返らせて逃げられたことを知られることになるわけやろ。不穏しかない。

カブルー、「自分が正義と信じて疑ってないクズ」というのが自然な感じによく描けていてとてもムカつく(=作品としてレベル高い)。

カブルーの「ライオスは人間に興味が無いだけで善人じゃない」というのは、「魔物オタクのサイコパスだけど善人」という事実に対して半分正解半分間違いなんだよな。

「カブルーはライオスに駆け出しの頃助けられたけど忘れられてる」説見かけたけど、これ高確率で当たる気がする。それでカブルーはプライド傷つけられて逆恨みしてるという。で、ライオスはライオスで絵の中で殺されそうになった狂乱の魔術師の顔を完璧に忘れてるほど人間に興味が無いだけという。


あと、タデがどう見ても鬼なんだけど種族何。

あぁ、クロがタデに唸ってるの、桃太郎的なヤツ…。小ネタ多すぎるだろ…。


「カブルーがムカつく」と「マルシルが面白すぎる」が均衡したダンジョン飯5巻だった。



サザエさん、土用の丑の日でウナギ回。

サザエさんで「ウナギの話やってるのにウナギの絶滅危惧に言及が無い」と怒ってる人が居て正気を疑うんだけど。

あのな。サザエさんの時間軸ではまだウナギは絶滅するとかそういう話は無いわけだから作中でそういう話が出てきたらそっちの方が頭おかしいんだよ。で、そういうのと別のレイヤーとして、そもそもサザエさんでわざわざウナギを食う話を採用する脚本が現在の状況においてどうかって話よ。

サザエさんは昭和の話なんだよ。で、サザエさんでウナギを食う話を採用するフジテレビは今の話なんだよ。これぐらいちゃんと分けて考えてほしい。



etc.

基本的に一定数の人は味が解らないので時には「値段で味を証明する」ということをせざるを得ないのだよな。「美味しいから3000円しても仕方ない」ではなくて「これは3000円のランチだから美味しいものなのです」みたいな。

「サイゼリヤなんて不味くて食えない」みたいなこと言ってる人も、同じパスタを高級げな店で3000円払わされたら美味い美味いっつって食いますし世の中そんなもんです。

例:チョココーヒーの滑らか仕立て



世の中の総括としてあまり語られてないけど、実際のところ鳩山内閣へ政権交代してから急激に支持率を地に落としたのは「いきなり見直しという名目で公共事業の全停止」みたいなことをやって多くの人の仕事を干したからだと思うので(体験上)、安倍政権降ろした後の内閣がそういうことをやらなければ、そこそこソフトランディングは可能なのではないかと思う。

しかし、そういう当たり前のことが自公以外にできるかという点はかなり疑問。

非自公政権になると例えばまたガソリン価格が160円とかになったりして冬に灯油使うのにも難儀するようになりますけどね。「安倍政権でもあまり生活が変わってない」というのは民主党政権下の酷さが忘れられてるだけだと思う。



人は皆、自分の気に入らない気遣いを「忖度」と言って叩くし、自分に都合の良い気遣いは「当然の配慮」と言うわな。



世の中、「万事凪が良い、平穏に勝るものなし」と考える人と「常に刺激的で変化が無いとやってられない」と考える人が居て、前者のオレは後者の感覚が全く理解できないのだが、実際のところ経年で何一つ変化が無いのも不味いわけでそういうタイプの人が両方居ないと回らんのだろうなぁ。

後者は後者で後者だけになるとIT企業の急激な栄枯盛衰みたいになるのでそれはそれでよろしくないし。いやそうやって太く短く生きられれば良いんだという人も居るのだろうけれど。




>オムライスだのナポリタンだの普段フツーに食ってるフツーのメニューを「こ、これは!なんという美味!!!」とか大袈裟に言われたら冷めるわ

それな。

異世界メシ漫画、「バカ舌の未開人に日本のメシ食わせたら泣いてありがたがる」みたいな話ばかりで嫌だ。この辺、ダンジョン飯が別格過ぎるっていうかそもそもダンジョン飯は異世界転生モノではないしな。

異世界モノの例として「仁」が挙げられてるけど、あれは「知識だけ持ち込んだら、モノはどうやって現地調達するか」「それでもダメなものはダメ(死人が生き返ったりはしない)」をちゃんと書いていて良かった。異世界飯モノは厨房も食材もそのまま丸ごと異世界に来てるからな。説明無しで。




実際には視聴者への発表が当日なだけで本人は既に練習しているんだろうけど。そうでなければ殺す気だよな。

「チャリティとマラソン、何も関係無いだろ」と言われて久しいけど、こんなプロレスやらんと視聴率キープできない時点でもうマラソンはチャリティと関係ないどころか視聴率の種としてですらダメになってるのでは。



ガリガリ君スイカ、「これそのまんまでイチゴ味として出しても誰も違和感無いと思うぞ」というレベルでイチゴカキ氷味だし、原材料はりんご果汁だし、何なのコレ。



酒飲むの、心には癒しになるけど体にはしっかり疲労が蓄積されるんだよな…。HPをMPに変換してる感じ。




今代司の地酒ガチャは酒の陣の定番にして欲しい。あれは面白すぎた。



FGOはゲーム始めた当初「コマンド選ぶだけやろゲーム性あんのか?」と思ってたけど、実際続けてみると「判断ワンミスでゲームオーバー」というのが多くてサーヴァントが「マスターの指揮の腕」をリスペクトしてくるのも納得できるようになり、まぁ、凄い。 #語彙力が尽きた

ファミスタかなと思って始めてみたらベストプレープロ野球だった、みたいな感じよね。選手ではなく監督をやる。

例えで出てくるゲームが「やきゅつく」じゃなく「ベストプレープロ野球」というのが我ながらオッサン極まってんなと思った。



こないだやってたパイレーツオブカリビアン命の泉の録画見てる。パイレーツオブカリビアンシリーズ初めて見るけど、ルパン三世だなコレ…。

スパロウとアンジェリカ、完全にルパンと不二子やないか。




久夛良木氏が10年前に「PS9は粉末状で鼻から吸引、脳に直接作用」ということを言って散々嘲笑されたが、世の中の流れ的にはPS9どころかPS7ぐらいにはそういう世の中になりそうな勢いで、オレらホント土下座しないといけないなと思ってる。


2017年08月12日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.07.11 - 21

定期的に雇用流動化の話がループして嫌だ。

雇用流動化というものは「経営者が気軽に解雇しやすくすること」ではなくて「労働者が気軽に辞められること」によって達成しないとダメなわけですよ。

解雇しやすくして出来上がるのは「首を切られないように皆社畜化して過労死していく社会」だからね。解りってるじゃんそんなの。でも何故か雇用流動化論者は必ず「解雇規制を取っ払え」って言うでしょ。何でなの本当に。

「過労死するような状況を無くすために経営者が首を切りやすくしよう」って、おかしいじゃんどう考えても。こういう状況を無くしたかったらセーフティネット強化して自分から逃げやすくするしかねーじゃん。

経営者が首切りしやすくしたところでこんな社畜状況なんて放置するに決まってるわな。


「解雇規制が無くなると安易に雇える」「解雇規制があれば簡単には雇えないのでブラックからの転職も困難」ってのも見飽きましたけど、実際のところ「転職の難易度」は「労働需要の多寡(つまりは景気)」によるのでその理屈は机上の空論でしかないでしょ。

労働需要があれば(つまり景気が良ければ)経営者は雇用しますし、労働需要が無ければ首切ってそれだけです。解雇規制とか関係無いです。ここ10年ぐらいで明らかでしょそんなもん。

「人は足りてるけどその気になればすぐ辞めさせられるしちょっと採ってみるか」なんて言い出すほど経営者の方々も頭が沸いてるわけじゃないですし、そんな状況で雇われてもいつ首になるか気になって仕事にならんでしょ。机上の空論もいい加減にしましょうや。



etc.

DMM見てて、数時間のエロ動画と1冊の成人コミックが同じ値段(下手すると動画の方が安い)というのも、何か値段付けがかなりおかしく感じるな。

動画は薄利多売が利く、ということなんだろうか。

昔、サイバラが「タイでは女性を買う方が安いため、エロ本を買うのは変態とされる」と描いていたと思ったが、それに近い話のような気がする。



三項演算子も工夫すれば読みやすい」と言われても「いや、別に」としか思えないので先の話にならない。if文でええやん。

1つの書き方で済むものを色々な書き方をするのは、「可読性の問題」というより「ヒューマンエラーを招きやすくなる問題」だと思うんだよな。そりゃ読めるは読めるけどもさ。趣味で独りで書くプログラムなら「いくらでもお好きにどうぞ」だけども。



「我々が維持しなければならないのは経済ではなく社会だ」というのを見かけたけど、そういうことはちゃんと「資本主義を捨てて共産主義に移行しよう!」とか叫びながら言ってくれないと嘘ですやん。



「豚さんはデブのイメージだけど実際は体脂肪率低くてアスリート体型」っつーけど、そのアスリート体型の豚さんのバラ肉であんだけ脂身たっぷりってことは、オレら人間の腹とか本当にヤベェってことだな…。



Amazonでプリンタの純正インク探すと中古品として再生品出てくるけど、それもう純正品ちゃうやろ。



Steamサマーセールでメルブラ買ったのは良い買い物したと思ってるが、勢い余ってブレイブルーまで買ってしまったのは完全に失敗した。未プレイの格ゲーなんか同時に二本も買うもんじゃねぇ。詰んだまま消化の見通しが立たない。



セブンのチョコミント氷食った。もっとこう、カキ氷らしくキリッとしたハードなミント感を期待したんだが、普通のチョコミントアイスと変わらないぐらいの甘さでちょっと残念だった。練乳は蛇足過ぎると思う。



過労死があることより、過労死にある程度イデオロギー的な意味が付かないと話題にもならないことの方が恐ろしい。

過労死が既に「問題」ではなく、「何かしらの問題をどうにか扇動するための道具」になっていることが。

2017年07月30日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.06.19 - 07.02

正月に買った3DSブレイブリーデフォルトを、今頃消化していた。

ブレイブリーデフォルト、やっと終わった。ラストのウロボロス戦が「戦闘開始→数ターン使って強化完了、さてやるぞ!→戦闘一旦停止、イベント→戦闘最初から、強化やり直し」のループを4回ぐらいやらされて本当に最悪にキツかった。

つーか、最後の最後で「並行世界とは、同じような惑星がたくさんあることです」みたいな話にされるの、「え、並行世界ってそういう物理的な別世界なの?違くね?」としか思えない。



ブレイブリーデフォルトフライングフェアリーまとめ。
4章まで→「おぉ!めっちゃ王道なFFやん!!最高!!」
5章→「…え?マジかコレ?え?リセット??」
6章→「お、これは並行世界をなかなかよく描けているのでは…」
7章~8章→「ただの作業やんくっそダリィ…」
ラスボス戦→「なんやコレ!!」

序盤は最高であったし終盤も褒められるポイントがあったものの、終わってみると良いゲームだったとは言い難い…。

5章以降、話がハルヒのエンドレスエイトそのままだったのが辛すぎた。

あと、時間かかりすぎ。クリアしてみたら70時間て。



結局のところ、アビリティは導師の節制と海賊の倍撃でどうにでもなるゲームであった。節制本当に強い。

ブレイブ3回でのBP-3を節制3回でチャラにして、毎ターン4回の自由行動ができるという。

1ターン消費してジャンプとかやるの馬鹿らしくなる。つまりはゲームバランスがあまりよろしくない。



Kiai Resonanceが面白い。



ちょっと前にTLで流れてたけど、確かにこれは面白い。サマーセールで100円はお得。

クソゲー方面としてネタになってるけど、普通に面白いしこれがサマーセールで100円ちょっとで買えるのはお得すぎるので強く勧めたい。

上段構えて気合溜めて突っ込む「チェストプレイ」やってるだけで気が付くと1時間ぐらい軽く溶ける。



「年相応の振る舞い」というテーマが少し盛り上がっていた。

「年相応の振る舞い」に何より必要なのは収入(端的に、冠婚葬祭に金がかかる)なので、それを誰にでも求めて良い社会状況なのかどうかが解ってないのも「歳相応の振る舞いができない」に含めて良いと思う。

「年相応の振る舞い」って、「6時ぐらいには家に帰ってビール飲みながら野球見る」だって含まれてると思うよ。

「年相応の振る舞い」の正体というのは「自分が子供の頃に見た大人の行動」であって、それって要するに「昭和のオッサンがやってたことの総称」でしょう。で、そんなことができるような労働環境と給与水準は今はもう無いわけじゃん。

「金が無いとはどういうことか」を意識してない人多くないすか、とこの手の話を見るたびに思う。

大抵、社会的地位が人の振る舞いを相応にするのであって、振る舞いが良くなった人が相応の社会的地位に就くわけではないのですよ。逆だと思ってる人多いけど。



etc.

太宰治「お伽草紙」読了。非常に読みやすく面白かった。そして、太宰に物凄く親近感を覚える。

この人、今生きてたらTwitterで人気出てると思う。「ダメ人間のグダグダした感じ&文章だけは異様に上手い」がとてもTwitterに向くはず。



昔から「予知能力とは一体何か」というのを考えるのだが。

「予知する」「予知に基づいて行動を変える」「変わった行動によって違う未来を予知する」「予知に基づいて行動を帰る」…のループを繰り返すうちに、最初に予知した時間に至るわけだろう。何だそれ?っていう。

ほぼ確実に、予知能力が無い方が良い人生送れないか。



藤井四段も60年後ぐらいにひふみんみたいになってるのかもしれんなぁ。

ひふみんのデビュー時がこんなだったろうから。



「パラパラチャーハン」がチャーハンの褒め言葉になりすぎて勘違いされやすいけど、美味いのは「パラパラだけど米はふっくら」であって「米粒がカラカラでパラパラ」ではないのですよ。

高校の頃チャーハン作るのを趣味にしてたけど、そこんところを勘違いして「いかに米粒から水分を飛ばすか」ばっか考えてた。パラパラにはなったけど美味しくはなかった。



民進党のアベノミクス対抗軸「増税で生活保障」

「財務省悪玉論は間違っている」みたいな話をチラホラ聞くようになったけど、結局こういう「増税しまくれば国民は安心する」という全く意味の解らない政策が堂々と主張されるのは財務省が吹き込んだからじゃないんです?民主党がいきなり増税路線突っ走り始めたのも、野田前首相が財務省のレク受けてから急激に、じゃなかったっけ。

それでも「所得税の累進性強化」とか言うならまだしも、消費税増税で逆進性進めて再分配とかギャグで言ってるとしか思えないんだけど。「消費税15%」の重みが金持ちと貧乏人で同じわけ無いだろう。



アベノミクスが支持されて民進党から自民党への政権交代が起こったのは「アベノミクスという選択肢があったから」であって、何も無いところで民進党が倒れてからアベノミクスが出てきたのではないでしょ。

だから、本気で安倍首相倒したかったらアベノミクスの上の代替作ったら簡単に倒せるがな。

で、反安倍でそういう話を本気でやってるとこ、どこにも無いでしょ。そういうことですよ。



アキラ100%が叩かれてるの、まぁ嫌いな人は嫌いなんだろうなと思うけど、エンタの神様の頃からピン芸と言えば「よく解らないカッコしてあるあるネタ叫ぶ」みたいなのが跋扈してること考えたら、アキラ100%みたいな「技の芸」がR-1獲れたってのはエポックメイキングなことだと思うよ。



サザエさんのお中元の話(上司に送って覚えをめでたくして喜ぶとか)に「いつの時代設定だよw」って突っ込んでる人居るけど「昭和だよ見りゃ解るだろ」としか。

クレしんですら時代にそぐわなくなってるとか言われてるのにいまだにサザエさんが現代劇だと思ってることの方がビックリするわ。平成もそろそろ30年やぞ。



「人の将に死なんとする其の言や善し(人之将死其言也善)」という言葉が好きなんだけれど、小林麻央は久しぶりにその言葉を体現した人だったなぁと思う。



中国が日本に工場建てる(具体的には少し違うが)話、「日本がとうとう中国より人件費が安くなった」っていうのは、もう日本の雇用にとって100%良い話だと思うんだが一体何を悲しまれてるのか全然解らん。

日本の工場がアジアに流出しまくってた頃、消費者がデフレで物を安く買えただけで、日本の雇用に一体何の恩恵があったんだ?


2017年07月03日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.06.08 - 18

アルトリア。

アーサー王伝説、話としては全く知らんのだよな。エクスかリバーとかはFGOどころかFFとかで小学生の頃から知ってるわけだけど。

Kindleで青空文庫のアーサー王物語あるな。読むか。



アーサー王物語読んでるが、円卓の騎士の宣誓に「一人の少女を愛して心移さず」とかあって笑った。 #おいランスロット



青空文庫のアーサー王物語、明治の書物なのだが完全に「英語教材としての古典」になっている。

>英語に謂ふ justice(不十分ながら、公正とか正義とか譯すべきもの)
とかあって、興味深い。justiceに相応する日本語は本来無いのだな。

>To honor より God's に至る一行は、武士に二言なしの精神也。
シグルイ風円卓の騎士。

明治40年の訳なので「騎士道」という言葉が存在せず、円卓の騎士なのに「武士道」を心がけている事になっている。


で、読み終わったんだが、これ「アーサー王の元に仕官しに来たゲーレスの話」であってアーサー王がエクスカリバー抜くとかランスロットが不貞して狂うとかモーさんに討たれるとか全然関係無いじゃねぇか!!

オレの読みたかった話じゃねぇ!!!


etc.

人間のタガは「客観的であること・理性的であること・合理的であること」によるものであって、左翼的人権啓蒙が成立していたのはそこを堅持していた(つまりは自らをインテリのポジションに置くことでマジョリティに対する上から目線を成立させていた)からであり、左派がそれをかなぐり捨てて感情を叫ぶことを是としてしまったら土台が崩れて右派が台頭するのは当たり前やん?

人間、タガが外れたら易きに転ぶのは当たり前で、易き=ナショナリズム・差別主義なのだから。

まぁ簡単に言えば「賢そうにしてたからまだ話を通せていたのに、『ツッコミ入れられるの面倒くせぇ』で賢さを装うの止めちゃったら、そちらには話を聞いて貰える担保や根拠がもう無いでしょ?」というだけの話。



「アベノミクスで景気が良くなった気がするかどうか」で話をするのは意味が無い(極論、「お前の気分なんか知るか」だ)ので、「源泉徴収票に記載されている自分の年収額は上がったか下がったか」の話をすれば良いのに、と常々思う。

世の中の金の流れ的に最下流に居るオレの年収額が数字として上がってるのだから、世の中一般で年収が上がってないわけないだろうと思っているし、外で見る求人広告も飲食で時給千円超えるのも珍しくなくなった。そういう状況下で「景気が良くなった気がするかどうか」の話には全く意味が無い。

だって、「どうなったら景気が良くなった気がするのか」が無い話なんだもの。言い張るだけで現実を否定するような話をしても仕方ない。

5000兆円欲しい!」は皆ネタで言ってるけど、体感景気の話はそういうレベルのことを真面目に言うから困る。



アラフォー過ぎたら語るのは「夢」じゃなくて「短期目標と実行の目処」じゃないと人生終わっちまうよなぁと最近よく考える。

「平均寿命で考えても人生が半分終わってるのに夢もクソもねーよ」と自己啓発セミナー的なものに放り込まれて「アナタの夢はなんですか?ちゃんと夢を持ってますか?」みたいなことを言われるたびに思うんだが、夢どころかボチボチ「後進への譲り方」を視野に入れるフェーズだろうよ。



ビアードパパの飲むシュークリーム、実際飲んだけど「プリンシェイクには負けるな…」という感想。



民放から時代劇が全く無くなる一方で今年の邦画は時代劇山盛り(直近でも無限住人、忍びの国、たたら侍など)なわけだけど、結局時代劇はそこそこ人気あるんだから視聴率低迷で悩んでるなら本気で時代劇枠作れば良いのにと思う。



蕎麦の乾麺の袋に作り方が書いてあったんだが、「鳥つけ蕎麦:焼き鳥のねぎまを串から外してそばつゆで煮てください」とあって、「お前天才かよ!!」と思った。その発想は無かった。確かに鶏肉と長ネギがその一手で揃う。

乾麺に載せるレシピに堂々と既製食品の使い回しを持ってくるのにもシビれる。なかなかできることではない。



「Excel作業をマクロ化して簡単に片付くようにしたのに評価されなかった」みたいな話、オレも昔は理不尽に思ってたんだけど、最近は自動化して仕事を無くすと回る金の量が減るだけで全員不幸になるから、この手の効率化も無条件で良いことだとは思えなくなったんだよな。少なくとも根回ししてやるべきことだと思う。

自動化しました効率化しました、で何か良くなったかっつーと首切られる人が増えただけで何も良くなってないわけじゃん。



子供のころは嫌いだったorそんなに好きでもない食い物が最近とても美味しく感じるのだけど、歳食って食い物の好みが変わったのか、世の中のレベルが上がって実際に美味くなったのかがよく解らない。典型例として、まんじゅう等の和菓子。

世の中の和菓子は本当に美味くなったと思う。手近なところで、ヤマザキのまんじゅうとか。



「規制緩和は必ずしも良い結果を生むとは限らないから、一部ケースを限定して実験的にやってみましょう」というのが特区であって、特区を否定するのに「規制緩和は悪」という理屈を持ち出すのは根本的におかしくないですか。それを前提に特区でやるのだから。



「アイドルが(ファンを裏切って)結婚することの是非」って、なんだかんだで年一ぐらいのペースでやってる気がする。

自分は「ファンにモラルを求める以前に、〇〇券をCDに付けて何万枚も売る方がよっぽどアンモラルだろうがよ」派なので特に話も広がらない。

廃人の廃人ムーブのおかげで儲けてるくせに、都合が悪い時だけ「廃人ムーブやめろ」と言ったって筋が通らんわな。廃人ムーブやらない人は最初から一人でCD何百何千も買わんのだから。


2017年06月24日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.05.26 - 06.07

AI。

今TLで見たとかじゃないんだけど、「エロ画像と健全画像の境界上にあって人間が削除すべきかどうか解らない画像もAIなら判別できる」みたいな話、「AIは人間より優れている」ではなくて「AIの方が優れていることになっているから人間は従え」という話でしかないと思うのね。

別にAIが優れているわけではなくて、AIというかコンピュータの特性として入力に対してゼロイチの出力を出せるに過ぎなくて、人間の側がただそれを権威化して基準にしただけでしょ、という。

それを、因果関係逆転して考えちゃって「AIに善悪の判断を任せて悪とされた表現を削除して良いんだ」とかやってたら、めっちゃ道を誤ると思う。

AIが将棋や囲碁で凄いのは、将棋や囲碁ではルールが確立していて「勝った方が正しい」という厳然たる基準があるからですよね。それが無い世界でのAIは、どうか。

自動運転はまだ「事故らなければ正しい」という明確な基準があるからまだ何とかなる。では「正しい表現かどうかの判断」はどうか。無理だよなそんなの。

とりとめのない話なんだが、ふと思ったので。



うなぎとか海産資源保護の話。

うなぎを商売にしている人の視点で考えたら「うなぎを売る→食べる人に喜ばれて儲かる」「うなぎを売らない→意識高い人の自尊心が満たされるだけで自分は飢える」なので売らない理由が無いんだよな。

うなぎを売るなと言うのは見飽きたけど、うなぎを売らないことで業者に何かメリットを提示した例はいまだに見たことがない。

「うなぎが居なくなったらお前の商売終わりだぞ!」ってのも脅し文句になってなくて、業者からしたら「自分の代で終わり」という前提で子供が継がなければ獲り尽しても良いわけじゃないですか。

逆に、獲るのやめて未来にうなぎが残ったとしても今自分が廃業して家族が路頭に迷ったら何の意味も無いじゃないですか。

うなぎで主張すべきは不買運動じゃなくて休業補償だと思うんだよね。



etc.

自称「日本一まずい」の東華楼に久しぶりに行ったが、本当に美味いわ安いわ量も多いわで相変わらず凄い店だ。

こういう店のラーメン、流行の「味の足し算しか知らないようなラーメン」に疲れたときに食うと、本当に美味い。



気に入らないヤツがやることは何でも「暴走」「独裁」「ファシズム」だし、気に入ったヤツがやることは「英断」「リーダーシップがある」になるのは、もう人間なので仕方ないのかなと最近は思いつつある。



「衛府の七忍」は「エクゾスカル 零」と「シグルイ」を足しっぱなしにしたような漫画でとても素敵。

最近「誤チェスト」で有名だが江戸時代の雑魚に「テヘペロでやんす!」と言わせるとかパワーワード多すぎで困る。



カールさぁ、今に至る前に一度「皆買ってくれないと売れなくなっちゃうよキャンペーン」やったら良かったのではと思うのよなぁ。



良い失敗と悪い失敗って、要するにエジソンの「失敗はしたことが無い、上手く行かないサンプルが取れただけだ」と言えるようなのが良い失敗で、そう言えないような「学習せずに同じことを繰り返した失敗」が悪い失敗なのだと思うよ。悪い失敗はしてはならない。



真面目な話、新聞雑誌が言う「関係者の証言」も「その建物に出入りしている掃除のおばちゃんに誘導尋問で書きたい事言わせました」というオチが普通にあるし、具体名の無い関係者の証言とはそういうものだという前提で警戒して読むのがメディアリテラシーだろうと思う。



「今の社会は高齢者優遇」ではなくて「数十年前の福祉の設計時に高齢化社会を想定していなかった」だけだと思うんだけど、何で「行き過ぎた高齢者優遇」みたいな「最近政策転換してすげー高齢者優遇してやってる」みたいな言い方するんだろうかと思う。なんもしてへんやん。



「有効求人倍率に騙されるな!人手不足は変わってない!」って、「あなたの方が有効求人倍率を何だと思っているんですか?」としか言えんのだが。

「有効求人倍率が上がったと言ってもブラック企業ばかりだ!」が今の野党支持者のトレンドらしいけど、「やっとブラック企業から人が抜け出せるぐらいになりつつあるのだな」としか。

今までそのブラック企業に人が足りていた、という状況だったことを噛み締めてくれんかな、と。



野党が緊縮・財政再建一辺倒なのは、それこそ自分の支持者の意向を忖度したものだと思うので、「野党がまともな経済政策を訴えたら」というのはもはやあまり意味が無いような気がしないでもない。そりゃオレなんかは歓迎するけど、肝心の支持者が大反対するわけでしょ。

野党が経済政策に関して無能なのは、無能だからなのではなくて無能である事を支持者から強いられている、ぐらいに思っといた方が的確だと思うのね。卵と鶏みたいな話なんだけども。



民進党が共産党と共闘し始めて長島氏が抜けて(というか実質的には追い出されて)果てには特区を全部潰せと言い出すに至るまでに1年かかってないわけか。スピード感ハンパ無いな。

このスピードの半分ぐらいは、Twitter(によるタコツボ化・先鋭化効果)に原因があると思ってる。

オレが最近やたらと「Twitter怖ぇ」と言うようになったのは、要するにこういうこと。情報のタコツボ化によって人間を簡単に(ほぼ悪い方に)変える効果がある。



たかだか5年で政権が飽きられるのだから、日本は日本人の飽きっぽさで自滅するのかなぁという感じがしている。

「他も次も無い」とか「運営に言うほど問題が無い」とか、そういうのを全部オジャンにしてしまう「飽きた」という理由。

松本龍氏の「書いたらその社は終わりだから」なんか昨今の報道の自由関連の話でよく引き合いに出されては「いつまで昔のこと言ってんだよ」とか言われそうだけど、事あるごとに引き合いに出さないとすぐに忘れられて「民主党政権の頃は良かった」みたいな歴史修正がまかり通っちゃうんだよな。


2017年06月12日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.05.17 - 25

経産省のパワポ。

経産省のパワポが良い危機感持ってるというので読んでみたが、良いのは問題提起の最初の方だけで、中身はちょっと。

明言してないけど、限りなく直接的に「年金は廃止すべき」っていう結論言ってるよねコレ。というか「年金の廃止を、どうやったらポジティブに言い換えられるか」というゲームしてるよねコレ。

「若者の活躍の場」はつまりは求人の話なのに、そっちは経済成長追うのは止めようみたいに言いながら、しかも「年金取り上げたら高齢者も働くっしょー」とか言ってるの、本当にどうかと思う。

年金は「年齢で「高齢者=弱者」とみなす社会保障」じゃなくて、「この年齢になったらお返しします」という前提で若者から徴収してるお金なので、そんなこと言い出すんだったら今から納めた額に利子つけて返金しろやとしか言えない。

「官の仕事を民に放り投げよう、それが皆のためだ」みたいなことも言い出してるし、何だコレ…。

「社会保障の縮小」「公共事業の民への丸投げ」と、典型的なネオリベ・小さな政府論者の意見だった。



褒めてる人、ちゃんと中身読んでるんだろうか。最初の数枚しか読んでないと「素晴らしい」とか「斬新」とか「よく解ってる」みたいな意見にならんと思うんだが。

「若者の活躍できる場が無い」=求人を増やさねばならない
「働ける高齢者は働かせる」=若者求人数の減少
「GDPは幸福度に貢献しない」=脱経済成長=求人は少なくなる

…この矛盾しまくった3つを並べられて「素晴らしい!よく言った!」言うのはどうかと思う。



「2度目の見逃し三振はもう許されない」にはかなりイラッと来ました。

1度目の見逃し三振だったところのロスジェネはガン無視で母子家庭の話しかしてねぇんだもの。



「そもそも何で経産省が教育だの年金だのについて延々と語って『お仕事してます』みたいになってんの?」というのが最大の謎。文科省や厚労省のマターですよねそれら。

経産省のマターについては「GDPは当てにならないから止めよう」「公共事業も民にやらせよう」みたいな、自分の仕事を放り投げることしか言ってないと思うのですが。




「ガハハキングとかで天下獲ってたすっげー面白い芸人」の(縛りがあるとはいえ)ネタがゴールデンタイムのテレビで気軽に見れるというのが凄かったんだよなぁ。この辺の空気感はリアルタイムじゃないと絶対解らんと思う。

たとえ傑作選であってもボキャブラ天国のネタ部分だけ切り取ったら他の縛りがない漫才やコントよりつまらないのは当たり前なんだよ。当時の爆笑問題ですらそうだった。ボキャ天は番組として面白いのであって。

ボキャ天はネタそのものよりも「ネタを見てタモリと赤坂泰彦が『これはバカパクじゃない?』とか意味のよく解らない評価で盛り上がる」というのが本編だったような気がする。



etc.

忖度はあったのかも知れんけど、「忖度を指示と同等のものとして忖度された側の責任を追求する」というのは流石に無理あると思います。

今後、政権が気に入らなければ勝手に忖度して勝手に不正を働けば潰せるってことだから。



「痴漢じゃなくて殺人犯でも証拠が無かったら無罪にしろと言うのか?」と言われても、痴漢だろうが殺人犯だろうが証拠が無いのに裁いたらダメでしょと思うんだけど。「重大犯罪に限っては真犯人でなくても良いから断罪しろ」とか思ってる人の方が少なくないですか。

むしろ痴漢以上に殺人の方が自白偏重から脱しないとダメでしょ。死刑問題絡むし。

というか、「冤罪が出ているとは、真犯人が見逃されている状態であること」というのが解ってない人(犯人じゃなくても誰か罰しとけばそれで良しとする人)が多すぎだと思います。

痴漢冤罪で女性に矛先向くのは「単なる通報人でしかない女性が警察・司法の怠慢で実質的に処刑人にさせられてしまっているから」であって、「冤罪については警察司法に怒るべき」なのは男だけじゃなくて女性もだと思うよ。少なくとも「男は冤罪よりも痴漢に怒れ」程度には。



共謀罪反対は「お前たちも逮捕されるぞ!!」という煽り方しながら「具体的にはどういうケースで?」という問いに「銀行強盗を企てたら」「暴行の相談をしたら」とかそういうトンチキな回答しか用意できなかったのがダメダメだったなと思う。



LaTeXならあれやこれやが楽になるのに何で使わないのか?っていうの、「あれやこれやより、LaTeX覚える方が手間だから」で終わる話だと思う。



インテル、ついに不揮発性のメインメモリ「Intel persistent memory」発表

良いことなんだろうけど、「不具合が起きて再起動しても何も変わらず」ということになりそうでなぁ。

「再起動してもメモリがリセットされずにそのまま走り続ける」っていうの、今やメリットよりリスクの方が大きい気がする。

要するにハードが「電源再投入でもデータが残るメモリ」と「電源再投入でデータがクリアされるメモリ」で構成されているのが一番早くて安心で、つまりはSSDで必要十分なのでは、と思う。



アニメキャラが年上・年下とか考えたことあまり無いけど、こないだ「吉田沙保里が4歳ぐらい年下」ということに気付いてちょっとショックだった。

霊長類最強が年下かよ…という。



「ジンジャーの爽にビール入れるとシャンディガフになる」まではまだ解るが、「高級なバーで飲むのと一緒だ!」とか言われると「お前の行ってる高級なバーではシャンディガフにラムネ入ってんのか」と言いたくなる。

「アイス+酒」の組み合わせ、「ガリガリ君ソーダ+焼酎でソーダハイが作れる!」を実際にやってみたらガッカリだったので、それ以降そんなに信じてない。やっぱアイスを酒に溶かすとケミカルさ出ちゃうんだよ。

「バニラアイスに芋焼酎垂らす」は美味いので、酒とアイスの量のバランスはそういうとこなんだろうと思う。



Switch最初の格ゲーがスト4やスト5の系列ではなくウルトラストリートファイター2だったことは、格闘ゲーム好きとしては特筆すべき事として記憶せねばならんなぁ。

スト4以降、システムが煩雑化しすぎていてとても新規参入を見込むようなゲームではなくなっていた、という宣言のようなものだから。


2017年06月02日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

| むなかた思考TOP |

» 次のページ