2014.08.06 - 11


3Dドラえもん見た。話は知ってるのでハズレようも当たりようも無い内容としか言いようがない。3Dのドラえもんを愛でるための作品。

見る前はもっと色々言う事あるだろうなぁと思ってたけど、普通に「ドラえもんの第1話から『のび太の結婚前夜』を経てUSO800までをあらすじ的に流す、ドラえもん入門編」みたいな感じで小奇麗にまとまってて、良くも悪くも言う事が無い。


のび太の結婚前夜の世界があまりにも未来的だったのがちょっと気になったけど、ジャイアンの家が何も変わらず古臭くてちゃぶ台で飲んでて、その対比はある意味リアルだなと思った。

近未来の世界描写でトヨタとパナソニックのロゴが大写しになっててクソ笑った。

ドラえもんに限ったことではなくて前から思ってることなのだけど、3D映画の「せっかくの3Dなので前から物が迫ってくるシーンとか作っときました」みたいなのはいい加減脱却しても良いのではないかと思う。


ドラえもんの最初の「のび太君は就職できなかったので自分で会社を作ったけどその会社が燃えて借金抱えた」ってところで「…それってかなり能力高くねぇ?本当にのび太か?」っていつも思う。

ドラえもん開始当初と今とで「起業すること」の価値観が変わったのか、それとも子供向けなので「就職ダメだったので起業」と軽くしたのか、その辺が解らん。


のび太の結婚前夜、しずかパパの「彼は他人の幸せを願い、他人の不幸を悲しむことの出来る人だ」の裏でのび太は実際他人のために苦労してて、それがあるからあのセリフが生きるんだけど、そこの要素がごっそり無かったのはかなり気になった。

地味に、結婚前夜の出来杉君の「あなたは何でも一人でできるからって(言われてしずかちゃんに振られた)…」っていうセリフが沁みた。そりゃぁねぇよなぁ…。


反戦。

「アメリカにくっ付いて世界大戦勝てば今の中韓から良い様にされてる現状を打破できる!」とか喧伝したら、集団的自衛権なんか積極的賛成が20%ぐらい増やせると思う。

「敗戦国に『お前は敗戦国なんだから』と永久にむしり続けるようなマネをすると、また戦争が起こる」というのが第一次世界大戦と第二次世界大戦で一番学ぶべきことだと思うのだけども。

で、日本という「加害国・敗戦国」が学ぶとしたら、「永久にむしられるような状況に陥らないよう、日米同盟を何よりも重視する」あたりじゃないの。戦争を回避し続けるための現実解って。

そういう意味では民主党政権は戦後最も戦争に近づく政権でもあったなと思ってる。

実際「膨大な戦後賠償で経済死んだ」みたいな状況になったら「もう一戦やって状況ひっくり返す以外に生き残る手段は無いんや!」ってなるのが普通だと思う。


ワークシェアリングも聞かなくなった。

実際ワークシェアリングが可能なぐらいの労働力があるとどうなるかっていうと、各自が早く帰れるようになるんじゃなくて「給料減ってサビ残が増える」というのがこの数年デフレで労働力が溢れた状況で証明されてると思う。

ワークシェアリングできるほどの労働力があっても、経営者がそれを全部使わなきゃいけないという縛りが何も無いんだもの。あとは需給曲線に従って余った労働力が買い叩かれるのみ。

労働強度を緩くしたいのであれば、必要なのは「労働供給の拡大」ではなくて「労働需要の拡大」。アベノミクスからのすき家逃散が端的な一例。


「労働時間上限を厳しく制限して、複数人雇わないと仕事が回らないようにする」とすればワークシェアリングの目もあるんだろうけど、安倍首相は女性労働力を流入させる一方で残業代ゼロ・労働時間青天井やろうとしてるので、普通に労働強度上げる方向に動いてる。

経団連から「労働力を買い叩けるようにしてくれ」という要請が出てるとしか思えず、ワークシェアリングなんか夢のまた夢だなと。


ハッカ油。

しばらく使ってみて、何だかんだでハッカ油よりクール系のボディシートやデオドラントスプレーの方が使い勝手良いのでちょっと何ともいえない気持ちになってる。コストパフォーマンスでハッカ油の方が上の可能性あるかなぁ、ぐらい。

というか、ボディシートが使い勝手良すぎる。汗拭けて涼しい。

ハッカ油は何だかんだで(一般的な使い方として言われてるように)水に数滴加えてスプレーするより、ハンドタオルをおしぼりにしてそこに数滴垂らして馴染ませてから体拭くという使い方した方が良い。というか「水+ハッカ油数滴」をスプレーすると、水濡れ感の方が際立っててハッカ油使ってる感じしない。


etc.

前の車が横断歩道の歩行者を確認して止まったときにクラクション鳴らして威嚇したら、その時点でその人の免許を剥奪する法律できないですかね。 ・・・っていうのを、さっき歩行者の立場で体験して思った。


結局オバマ大統領でも空爆を承認しなきゃいけないってのは、やっぱりアメリカという国の政治的ポジションの問題であって、多くの人が思ってるような「大統領の個人的資質としてタカ派かハト派か」はさほど関係無いってことだねぇ。

「ブッシュを引き摺り下ろせば世界は平和に」とか言われてたけど、全然そんなこたぁ無かったね。


ブラックジャック創作秘話5巻読んだ。相変わらず「感動話に見せてるけど基本ブラックだよね」って感じ。

「砂かけ男」はホントひでぇ。「秋田書店の社員が『今すぐサンデー止めてチャンピオン刷れ、でないと輪転機に砂入れる』と脅す話」とか、もはや手塚治虫関係無ぇ。

2014年08月12日 Twitterまとめ(映画含) トラックバック:0 コメント:0

| むなかた思考TOP |