2015.06.10 - 22


低視聴率過ぎて話題っていう。見ていたが実際酷かった。


書店ガール、一言であらすじをまとめると

「女性店長がエリアマネージャーや社長から嫌がらせを受け続け、挙句に『お前の店、売り上げ20%増を達成できなきゃ閉店な』という課題を突きつけられて必死に頑張りましたが、閉店しました。終わり。」

…という「倍返しの一切無い半沢直樹」みたいな内容で、これで視聴率取れると思ってたらそっちの方がどうかしているというレベル。

「味方側は全員首になったり閑職に飛ばされたりでボロボロになりましたが、嫌がらせしてた側は全員ノーダメで話が終わる」という、視聴者に対する嫌がらせのようなドラマは初めて見た。

書店ガールは本当に終始クソで、打ち切り決定のニュースが唯一面白かったというメタ展開は語り継がれて良い。

「脚本は良いのにジャニーズやAKBぶち込んだせいで台無し」というのはよくあるけど「脚本が酷すぎるがジャニーズやAKBでかろうじて助けられた」というドラマは珍しいんじゃなかろか。



幸楽苑は自分の売りが何なのか解ってないというか、「客が望む店と自分がなりたい店との乖離」で悩んでる感じ。マックの迷走とかなり近い。

290円ラーメンやってた頃と同じペースで家族で来店して一人当たり1000円ぐらいセットメニューで使ってくれたら、そりゃ幸楽苑は嬉しいし、そうなりたいだろう。でも幸楽苑はそんな味ちゃうねん。

チェーンの飲食店にとって「価格帯選択」っていうのは「対戦相手の選択」と同じだと思うのだけど、幸楽苑が290円ラーメン切ったのって「減量キツイから階級上げちゃえ」みたいなことをやってしまったようにしか見えないんだよな。

幸楽苑でちょい呑みしようにも、ちょい呑みですら近所のラーメン屋に味も価格も劣るんだよなぁ…。


今までと、これから。

小泉内閣は「戦後最長の好景気でもトリクルダウンは無い」ということを示した。民主党政権は「かといって好景気ごと否定したら下層から直で死ぬ」ということを示した。

アベノミクスは小泉内閣の頃の状態にまでは戻しつつあるので、「トリクルダウン・再分配をどうするか」はこれからの問題だと思いますよ。民主党政権が論外すぎて、まずはそこからの脱出が無いとどうにもならなかっただけで。

「安倍内閣に至らないところは山ほどあるけど、日本国民の手持ちのカードには安倍内閣よりベターな札は無い」がまずスタート地点だと思う。

安倍内閣を修正しつつ使うか、安倍内閣に代わるカードを育てるかという二択はあるけれど、どちらにしろ今すぐ安倍内閣を捨てるという選択肢は無い。


etc.

頭のおかしい人が頭のおかしい事を言うのが一番手軽に爆発的に広がるっていうネットの今の状況は、本当にどうにかならんものかなぁ…。

どうにかするためには「頭のおかしい人は徹底的にスルーされる」が理想的だけど現実的には不可能だとして、次点としては「頭のおかしい人が頭のおかしい事を言ったら爆発的に広がり、結果的に淘汰される」まで事態がちゃんと推移すれば良い。

これが実際に淘汰が働いて無くなった例がバイトのバカッター。



爽のスイカがあったので即買い。なかなか美味い。

爽にしてもサーティワンにしても、「スイカ味のアイスを作ったら必ず種的なギミックを入れなければならない」という固定概念は味を損なってると思う。



レコードチャイナの日韓関連記事は、なんかこう、「日本と韓国をいがみ合わせて、それを神の視点で眺めて楽しむ」みたいな感じがして、なぁ。



先週土曜はCRハルヒ打って延々とハレ晴レユカイと恋のミクル伝説聞いてた。ハレ晴レユカイはまだしも2015年に改めて恋のミクル伝説をPV付きで聞くとは思わなんだ。

2015年06月25日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2015.06.04 - 09

「自分の人生においてトップ10に入るゲームをあげてけ」


ビートマニア
DDR
ドラクエ3
FF7
SaGa2
黒猫のウィズ
スト2ターボ
スト3 3rd
スト4
カルドセプト

(ビートマニアとDDRだけタイトル名じゃなくてシリーズ名なのでアレだが)「継続して1年以上やりこんだゲーム」だとこれぐらいかもしれん。

「面白かったゲーム」だと絞るのに苦労するけど、「継続して1年以上プレイし続けたゲーム」という基準でゲームタイトル挙げていくと、逆に10個もなかなか挙がらんことに気付く。下手すると黒猫ウィズが一番長くやったゲームになりそう。

あぁ、あとウィザードリィ 外伝IIIがあった。これも長くやった。

「自分の人生においてベストゲームを挙げろ」だと迷わず「街」と言えば良いから楽なんだが。

「428」も良いゲームだったが、街には及ばなかった。多分もう街を越えるゲームは出ない。

428はタマが着ぐるみ脱いだ時がクライマックスで、カナン編が蛇足過ぎた。

タマが脱いだときの「はあぁぁぁ!!??」という声の大きさは、今までやっていたどのゲームで出た声より大きかったと思う。

街の青虫抄は全然アリだったのに428のカナン編がナシだったのは、世界観の維持すらする気が無かったからだろな。

今は「スプラトゥーンのためにWiiU買うかどうか」みたいな話が出てるけど、オレは428のためだけにWiiを買ったんだった。


AKB総選挙があった。

柏木由紀とか北原里英はもうNGT所属の扱いなのか。

AKB48第7回選抜総選挙(2015年) 開票結果
80 本村碧唯 HKTチームK4 13116票

投票券(CD)が1枚1500円ぐらいで、80位の得票が13116票だから、2000万円ぐらいで誰かを総選挙80位以内に入れられるのか…。金額換算するとスゲー生々しいな…。

なんというか、遊郭の御大尽遊びっぽい。

2000万っていうのが、こう、「一般人がポンと出せる額じゃないけど、IT成金みたいなのが愛人に使う額としては無くはなさそう」っていう感じで、なんかもう絶妙だなと思った。

マンションやら高級車やら貢ぐのと同列に並べる程度の額だなと。


etc.

年金を生活保護に一本化すると年金基金が株式による運用できなくなって余計に早く詰んだり(資金がショートしたり)してダメかな…。



維新の党の扱われ方の温度差っていうか、そもそも維新の党があれだけ物事の主役になってるのは大阪だけで、他の地域では「民主党未満共産党以上の規模の零細政党」でしかないんで、どうやっても感覚に差は出るよなと思う。

「橋下氏と維新の党が何で大阪で隆盛を誇ったのか」を「大阪のテレビと吉本」の方向から紐解くとか、既に誰かやってそうだけどな。



ソフトクリームのミックスとか二つの具が入ってるおにぎりとか、買うときは「二つの味が楽しめる!お得!」と思って買うんだけど、実際食ってみると「二つの味を混ぜた一つの味」なんだよなぁ…。



ラーメン屋で冷やし中華を頼む勇気が出ない。「絶対に食後に『やっぱラーメンかつけ麺にしとけばよかった』と後悔するんだろうなー」と思ってしまう。

そんなんだからいつまで経っても美味しい冷やし中華を体験できない。

2015年06月16日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2015.05.27 - 06.03

最近読んだ漫画。

Kindleが半額還元セールやってるから「波よ聞いてくれ」買ったけど、本当に沙村広明は凄いわ。キャラの立たせ方上手過ぎる。そして随所に挟まる小ネタがどれも面白い。

「シセル光明」とか「沮授デンホーの献策サウンドエンジン」とか、話とは何の関係も無いところに三国志ブッ込みすぎだw


同様にKindle半額バックで「ひきだしにテラリウム」も買った。「竜の学校は山の上」同様、とても良かった。星新一のショートショートの空気感をそのまま漫画にしたようなもんなので、星新一が好きなら絶対に読んで損しない。

本当に、この人のネタ帳はすげーことになってるんだろうなと思う。


進撃の巨人16巻読んだけど、もう話が解るんだか解らないんだかって感じだ。この「細かくは解らんけど雰囲気は解らないでもない」の感覚、ジョジョの終盤読んでるときにそっくり。


ジャイアントキリング34巻、終盤の椿が決めるシーンで鳥肌立った。33巻のガブリエルといい、「時間が止まる瞬間」みたいなシーンの描き方が上手過ぎる。

サッカー全く知識も無いオレが面白く読めるのだから本当にジャイアントキリングは凄い。


いとしのムーコの最新刊とキルミーベイベーの最新刊も読んだが、空気を味わう漫画のため特に感想なし。



Kindleの無料雑誌なんかで色んな漫画の第一話だけ読む機会が格段に増えたけど、やっぱり面白い漫画は1話目から全力で面白いし、そう感じなかった漫画はその後読んでてもイマイチだなと思う。

食い物とかと一緒で、「一口目はそんなに美味いと思わなかったけど食ってたら好きになってた」みたいなもんはやっぱそうあるもんじゃないわな。


寄生獣が再ブレイクした辺りから「とりあえずグロ出しとけば喜ぶんやろ?」みたいな勘違いした漫画が地味に増えてねーか。


etc.

最近は「あっちを叩くのはお前に任せた、オレはこっちを叩く」みたいなところにしか着地点は無いなと思ってる。「あっち/こっち」をイデオロギーにまつわる色んな単語に置き換えてもそう。

「共感性の濃い薄いに関わらず、全員が全方向を同程度に叩け」というのは人間には無理だというのは前提にしてしまった方が良いのかもなぁと思ってる。

ただまぁ、それは「Aを叩くならBも叩け」が無茶振りであるというだけの話で、それとは別に「叩くのに使った基準は誰に対して使われてもOK」としないとダブスタにはなるよね。



どーでもえーけど「ミソジニーって三十路こじらせた人だと思ってたわー」ってのはもうそろそろ「超ダサい親父ギャグ」であると浸透して良いんじゃないか。



つくづく、「バスがめちゃくちゃ混んでるのに目の前の席が空いても座らないヤツ」を見るとマジふざけんなと思う。そこに立ってることで誰も座れなくしているお前は、空いた座席とお前が立ってるスペースとお前が背負ってるリュックで3人分のスペースを浪費してんだ解ってんのか。

何の意地で座らんのか知らんが、お前が素直に座れば混雑しているバスの車内に二人分のスペースが生まれるんだ。解れ。座れ。



「何でもかんでも設定でカスタマイズできるようにしてくれよ」とか気軽に言う人に限って「何でこんなに設定項目多いんだよ!面倒くせぇよ!!」とか言い出す。



カツカレーという食いもんは「カレーの具としてのトンカツ」ではなくて「ソースカツ丼のソースの代わりとしてのカレー」だと思ってる。



4Kテレビの需要予測でメーカーが物凄く楽観的な話してるの、「この光景、3Dテレビが始まった頃に見た」って思う。



「レジェンド」もマスコミが使いまくってすっげー安い称号になったなぁ。そんで流行語大賞にノミネートされて左派の意味の解らん政権叩きに流用されて言葉として終了する流れでしょコレ。



デアゴスティーニはそろそろ「週間 デアゴスティーニが途中で廃刊した雑誌コレクション」出せないですかね。初回はよく解らないハンドル部品が付いて298円。


2015年06月04日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

| むなかた思考TOP |