2015.10.19 - 26

V6のコンサートに行ってきた。

V6のコンサートは2年ぶり2回目。毎年1回はジャニーズのコンサート行ってて、去年はSMAPだった。

一人では絶対に行かない場所であり、だから自分の中には一切無いものを見る機会なので、純粋に楽しい。

あと、ジャニーズのコンサートはどこもMCが楽しい。そこらの芸人のラジオよりよほど面白い。話にキッチリオチ付けるし。


んで、ラストにイノッチが「本当に生きるって大変で、辛いことも多いと思いますが、今日の思い出を糧に頑張ってください。そして、本当にダメだと思ったら、その頃にまた来ます」としみじみと言うんですよ。

いやマジでスゲーなと。こんなん、自分のアイドルとしての客観的価値と職務を完璧に把握してないと言えないセリフよ。仕事する人間としてこうありてーなと思ったわ。


SMAPとかTOKIOとかV6とか、あの辺全部アラフォーなのがスゲーなと。アラフォーで現役とか、男性向けアイドルにはあり得ない概念だからね。やってる本人の心中どうなってんだろうと。

この辺、少年隊が現役だというところが大きいのだと思う。だって、少年隊見てSMAP・TOKIO・V6辺りが「とりあえず50歳ぐらいまではこれで良い」と思えるんだもの。アラフォーのアイドルのロールモデルが確立してるってスゲェよ。

コサキンがラジオ番組終わって(事実上打ち切られて)、伊集院が「ロールモデルを失った」という話をしていたから、余計にそこの凄さを感じる。

芸人でも、落語家ならともかく漫才師やコント師で「若手芸人、このまま精進積んでれば大丈夫よ」というロールモデルを示せてる人なんかほとんど居ないだろうしな。


これな。

「パソコンってなんで詳しくない人ほど変な自信に満ち溢れてるんだろう……」にいいね!しました。

戦国時代に槍の名人と言われた猪武者が居て、その人がもっと強くなろうと槍を習ったら逆に突撃できなくなってしまった。師匠に理由を聞いたら「中途半端に習うからだ、もっと修行しろ」と言われ、さらに研鑽を積んだところ、再び突撃できるようになった。

…っていう話、誰のエピソードだっけか。

「パソコンってなんで詳しくない人ほど変な自信に満ち溢れてるんだろうか」の答えの一端がこのエピソードだと思うのよな。知らないからこそ威張れるっていう。

これを端的に言い換えたコピペ。

USBメモリを
初心者 そのまま抜く
中級者 安全な取り外し
上級者 そのまま抜く


メリットを否定したいわけではないのだが。

「独身男性より既婚男性の方が寿命が10年ぐらい長いのだから、男が結婚するメリットがある可能性は高いのでは」というのを見かけたが、因果関係逆なんじゃないのかなぁという気もする。

「結婚が男の寿命に寄与する」ではなくて「結婚できる男と結婚できない男とで経済格差があって、貧乏だと死のリスクが高まる」という当たり前の話だったりしねーのかなぁ。

「結婚したら長生きになる」ではなくて「長生きするような人が結婚する」という。

いやまぁ「結婚が健康に与える良い影響」は確実にあるとは思うけど。


まとめると、結婚と寿命は相関関係はあるけど因果関係とは限らないので、相関関係を以って「メリットがあるはずだ」とは言えないのではないか、ということ。

( ´-`) oO(……どうでもええ違和感もちゃんと文章にすると小面倒くさくなるな……。)



魚米もそうだし、「高速レーン店」は段々と「回らない回転寿司」に移行してる。

要するに回転寿司チェーンはどこも「スシも2周もしたら誰も取らない」と戦ってる。くら寿司はカバーをかけて鮮度を少しでもキープしようとして、スシローは廃棄を徹底することで逆に回ってるものの鮮度を保証しようとして、魚米とカッパは「そもそも回さない」に移行しつつある。

「回ってるスシは不味いので注文して食う」が当たり前になった時点で「回さない回転寿司」は当然の帰着だわな。

「回転寿司」っていのは「スシがレーンで回ってるシステム」を指すのではなくて「明朗会計の安い寿司屋であること」を指すんだよな。


「高速レーンのみの寿司屋」に「一蘭の個室カウンターシステム」を合わせると、限りなく「ニンジャスレイヤーの無人スシバー」に近いものが出来上がる。


etc.

「マトモな人はもうTwitterから出ていってね?」ということを最近よく考える。今に始まった事でもないか。



毎日毎日同じスーパーの惣菜だけ食う生活して、すべて飽きて食いたいものがもう何も思い当たらないぐらいの状態になってから他のスーパー物色すると、それだけで結構パラダイス気分になる。

ゴローちゃんの「すべておかずとして立ち上がってくる」に近いテンション。



大学で一人暮らしするまで洋式便器をほとんど使ったこと無くて「こんなんどうやってケツ拭くんだよ…」と思ってたが、今では逆に和式で用を足せなくなってる。「こんなん絶対便器の外にはみ出るやんけ…」と思ってる。

10年ぐらいしたら「ウォシュレット無しでどうやって尻を綺麗にしたら良いんだよ…」になってる可能性高い。退化だ。



よく経営者は「最近の若者は反骨心が足りない、もっと刃向かって来い」とか言うけど、刃向ってくるような若者は経営者の皆様方が就職氷河期で淘汰しちゃったんだよなぁ。



評論家とか知識人とか、一番知識が問われるべき職種の人が一番知識を問われなくて売名すればするほど勝利って頭おかしいよな…。



おそ松さんが面白すぎて困る。

2015年10月30日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2015.10.06 - 18

etc.

世の中の「どうしてこうなった」の大半は「偉い人が一人でテンパって机上の空論こねくり回して出てきたものをごり押しした」が原因だよなぁ…。で、残りの半分ぐらいが「現場にプレッシャーかけて追い詰めた結果、修正ができなくなった」によるもので。

なんかここ最近急激に「どうしてこうなった」みたいな事例が無くなって「そりゃそういうことやってりゃ、こういうことにもなるよなぁ」みたいな話ばかりになったなぁ…。

で、「そういうこと」やってる偉い人だけが「どうしてこうなった」言ってる。



「私は解らないからあなたがやれ」が通るのは「解るあなた」にインセンティブがある時だけだと思うのだけど、現実はインセンティブが無いどころか解らない方が偉かったりするので、そりゃ生産性なんか上がらないよなと。生産性上げると損する仕組みなんだもの。



「ノーベル賞の大村さんが造った温泉に多くの人」ってニュース、なんか知らんけど日本むかし話のオチっぽい。

「このノーベル賞受賞者が掘った温泉はー、今でも多くの人が訪れるというそうなー(常田富士男声)(フェードアウト)」



「孤独のグルメ2」読んでる。何と言うか、端的に言って媚びすぎ。ネットでネタになってる部分を意図的にデフォルメして焼き直しました、という感じでうるさい。あと、食い過ぎ。

Amazonレビューで評価悪いのも納得。



「昭和元禄落語心中」は好きな漫画だけど、アニメ化するのも実写化するのもハードル高そうだなぁと。「超名人級の落語」を実際に動き・声にしなきゃいけないから。



最近、有吉メインの番組がほとんど「ダレトク」みたいなメンバーで固められてるのがすげぇ気になる。

有吉が身内だけで番組作ってるのか、有吉がプロデューサーからああいうメンツ押し付けられてるのか、どっちなんだろうかな。



内閣支持率が45%程度まで回復してるの、内閣改造がどうのじゃなくて「今まで異常なネガキャンで強制的に下げてたのが、安保法案通ってネガキャン止めたら戻った」ってだけだろどう見ても。



差別に関する話なんて「結局差別心は誰にでもあるもので、差別なんかどうやってもゼロにはできないのだから被害を緩和させる方向を考えませんか」と「俺たちの気に食わないことは差別であり許すことはできないが、俺たちがやってることは差別でないことにしよう、これで差別はゼロにできる」の二つしかなくて、だったらどう考えても前者が人間として誠実ちゃうの?としか。

Twitter始めて5年ぐらいは経つわけだが、ネット上の差別の話なんてこの枠内から出たこと無いもんな。



雇用流動化論者の人が「地方に産業・仕事が無いので家庭の事情でUターンしてもブラック企業ぐらいしかない」を「労働市場の硬直性」と呼ぶからには、いつもの通り「簡単に首を切りやすくして労働市場の流動化ですべて解決」という話に持っていくのだろうけど、地方で会社員の首を気軽に切ったところで仕事が生まれるわけ無いだろ起きろ、としか言えない。

雇用の流動化は「仕事があるけど要らない人の首を切れないから仕事が回らない」の処方箋にはなりうるかもしれんけど、「仕事が無いので雇用が生まれない」の処方箋になんかなるわけないやん。



THE MANZAIが終わってまたM-1に戻るの、「去年の博多華丸・大吉が強すぎた」ってのが大きい理由な気がしてならない。出場資格に「コンビ結成○年まで」が無いと若手が出て来れなくなってしまってダメなんだろうな。

THE MANZAI2014の博多華丸・大吉をたまに見返すんだけど、本当に強すぎるもの。



「1億総活躍社会」みたいなの、小泉政権以降ずっと色んな政権がワンフレーズポリティクスの二番煎じ狙っては撃沈してる感じがする。

小泉政権の「郵政民営化」は目標の達成が誰の目にも明らかだからワンフレーズポリティクスとして成功したんであって、「何を以って達成と呼べるのかよく解らないフレーズ」なんか絶対成功しないって。

逆に言うと、「何を以って達成と呼べるのかよく解らないフレーズ」を掲げちゃうようなチキンだと、当然政権運営に甘さが出るんちゃうかな。

「達成が曖昧な目標=努力目標=本気でやらない目標」なわけでな。

2015年10月20日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2015.09.25 - 10.05

「子供を産みたいという形で国家に貢献してくれればいいなと思っている」

菅官房長官のアレが失言である理由は、「本気で少子化の解消を願うのであれば、それは政策を通してインセンティブによってなされなければならないのに、それをする立場である行政が何もしないまま芸能人の結婚にその願望を乗せているから」だと思う。

模範解答は何だったといえば、自分で言ってるとおり「大変人気が高いビッグカップルなので、世の中が明るくなってまさに皆さんが、幸せな気分になってくれればいいな」で止めとけば良かった。

菅さんはどう言ったら叩かれなかかったか?っていう問いの立て方が間違っていて、そもそも「何言っても叩かれる局面なんだから、余計なこと言わんとき」としか。


一方で朝日も「不妊治療で苦しんでる人が多いのに」という批判してて「そこじゃねーだろ」感ある。

朝日的には「産みたいのに産めない」というのは「不妊治療」の話であって「子育て世代の貧困」の問題ではないわけだなと。


etc.

民間療法選んで亡くなった川島なお美さんのニュースと、毎年がん検診受けてるのに全摘レベルの乳がんになってしまった北斗晶さんのニュースを同時に眺める。

代替医療が選択されがちなのは、単純に「マスコミが医療を叩き過ぎ&インチキをもてはやし過ぎ」というだけの話だろうなぁ。



プログラマを実際やってても、「こんな懲役の方が遥かにマシなレベルの労働から優れた製品が産まれるわけねーだろ」と日々思う。



スマホでニコ動見てんのにさらに3DSでニコ動見るメリットなんかほとんど無いわなぁ…。

…と思ったが、実際見てみるとコメントが3Dで流れるの、ちょっと良いな。



「増税と緊縮で財政再建すれば消費者が安心して消費するようになるので景気は良くなる」という理屈って、正しいっちゃ正しいんだろうけど、実際には「但し、安心するのは国の借金がゼロになってから」という条件があるので、実現は不可能。



食べログで高級な寿司屋行って延々と偉そうにウンチク語ってる人居るけど、現場で一貫毎にスマホで写真撮りながら食ってるとこ想像したら無粋の極みやな。



たまに考えるのだけど、たとえば寿司が一番美味かった時代って、何時なんだろうな。技術はずっと右肩上がりで、食材の美味さが右肩下がりのグラフがあるとして、その2つの交点の時代が「一番寿司が美味かった頃」だと思うのだけど。



市場原理主義者は「市場に任せておけば悪貨は必ず駆逐される」を前提としてるし、ある程度それは正しいんだろうけど、「悪貨が駆逐される前にその数倍の良貨が犠牲になる」という点に関しては完全に無視してるよな。



右も左も基本的に緊縮が正義になってるの、確実に「国家財政を家計に例えて『収入がこれしかないのに借金してこんなに使ってるんです!』という説明をやりすぎた」が原因だと思う。

「収入よりはるかに支出が多いです!支出を抑えなければ破綻します!!」と連呼されて「いや支出抑えるとか無理だから財政支出で景気良くして収入上げることを考えましょうよ…」と返せる人なんてそう居るわけない。

2015年10月08日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

| むなかた思考TOP |