2017.03.13 - 21


「伝統工芸が低賃金で跡継ぎ作れなくて潰れそう」という時にやるべき事は「金は払えないけどそれでも人生を賭けてくれる弟子を募集」ではなくて「この伝統技術が無くなるのはもったいないと思って金を出してくれるパトロンを募集」ではないのかと思う。

「産業として残したい」という話をしているとするなら、「金は出せないけど弟子を募集」という時点で既に産業としては滅びてるとしか思えないんだよなぁ…。それもう「残す」ではなくて「復興・復活させる」というフェーズの話でしょ、という。

「金が無くて技術が途絶えそう」というとき、他人の人生丸ごとを何人か要求するよりもクラウドファウンディングで広く金を募る方がずっとハードル低いですよ今の世の中。

あと、本当に文化として伝承されていればそれで良い(産業として成立しているかは問わない)ということなら、もう公が職業訓練校やカルチャーセンターで教えるしか無いと思う。

「獺祭のように機械制御でモノが再現できればそれで良くない?」というのが目に入ったが、まぁそれも道の一つではあるよなと。




伝統工芸の伝承、では我が県ではどんな感じなのかと村上堆朱をざっと眺めてみたが、「子が親に弟子入り」みたいなケースしか無くてかなり厳しさは感じる。



残業規制、最大100時間未満。

真面目な話、残業規制なんて何時間を上限にしようが「記録付けないでサビ残にしとけば死なない限り何の問題も無いんでしょ?」としか思えんのだけどなぁ。

たとえば10人の部署で残業トータルが常時200時間越えるならもう一人雇うべきってのが本来あるべき姿であって、そこで「過労死ラインは80時間じゃなくて100時間だから」ってのはそもそも話の焦点がおかしいと思うんだよね…。

10人の部署で一人の月平均残業時間が20時間越えるのが常態化しているのなら、普通にもう一人雇えるのだよな。そういう話における、100時間とか80時間とか。

実際にそういうことになるとオレは多分普通に年収減ると思うのだけど、でも社会的にはそうあるべきだと思う。



etc.

プレゼンがグダグダになりやすいのは、「言いたい事とパワポが合ってない」「パワポに書いてあることをしゃべっても話がつながらない」という時。

「良いパワポを作れるようになりたい」と思っていた時期もあったが、結局のところ「まずパワポが無くても成立するようなプレゼンを考えろ、そしてそれを補助するようにパワポを作ればプレゼンは大分マシになる」というところに落ち着く。



「サービス」という言葉が「タダで有形無形の何かを提供すること」と「無形の商品」の二つの意味を持ってしまっているために、「本来金取ってやるべき事をタダでやることで金のやり取りが発生しないことが、景気やGDPや生産性にめっちゃ悪影響を与えている」という話をやりにくくなっているの、何とかならんものか。



ブラック企業が増えたように感じるのは、ブラック企業が新規にボコボコ起業されたのではなくて、「まだ昔はそれでも従業員が我慢できるぐらいの所得が得られたが、不況の結果仕事量が変わらず(or増えて)所得が減って限界を迎えた」という会社が増えたのだと思うな。



ESファイルエクスプローラは本当に使いにくくなったので乗り換えた。「良アプリに乗り換える」「良アプリの使用者が増える」「広告増えて使い物にならなくなる」「良アプリに乗り換える」というライフサイクルは避けられないのかもしれん。

それにしたってESファイルエクスプローラの劣化はちょっと酷すぎる。何でファイラにニュースサイト閲覧機能が付いてそれを強制的に見せられることになるんだ。



エンゲル係数がここ数年上がってるのは「消費税増税タイミングでコンビニや外食が値上げしたから」以上の話にならんと思うのだけど。

エンゲル係数が上がったからと言って「牛丼は福祉(ドヤァ」とか言ってた頃より状況が悪化してるとは到底思えない。というか牛丼が福祉とか言い出すぐらいにデフレで狂ってた頃のエンゲル係数が景気判断のあてになるとも思えない。



ユニクロの凄さは「そこらのオッサンが(家族が買ってきた服を何も考えずに着るのではなく)無難な服を自分で選んで買う」という文化を樹立したことで、安さはその一要因に過ぎないと思う。

「ユニクロは安くてダサい」というのはそれなりにファッションに興味のある極一部の人の見方でしかなくて、基本的には「ユニクロは見苦しくない程度にオシャレであることが保証されている服」だと思う。

そもそもファッションに対して意識が高すぎる人の言う「ダサい・カッコいい」は本当に一般的に見ても「ダサい・カッコいい」なのかというのも。



「s」を打っただけで「性の喜びおじさん」をサジェストするTwitterの検索欄、かなりどうかしてる。


2017年03月29日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.03.07 - 12

酒の陣 2017。

酒の陣へ出陣してくる。2年ぶり2回目。

先輩と「極辛口の日本酒飲むぐらいだったら焼酎飲んだ方が良くねぇっすか」「いや想天坊なら辛口でも旨味あるぞ」という会話をして以来想天坊を一度試飲してみたかったのと、酒米「越淡麗」による酒を片っ端から試飲するのが目的。

無目的にとりあえず色々飲むのは前回やったから、今回は極力絞る。

越淡麗にこだわるのは、去年のマイベスト日本酒であるところの「嘉山」が越淡麗の無濾過原酒だったため。どうも酸味が強く出るっぽい。



並ばず入れる…だと…?

あの二年前の大行列が…解消されている!!スゲェ!!



想天坊辛口純米。なるほどちゃんと甘味がある。辛さが目立たない。景虎の辛口が辛すぎるだけだったのかな。

で、越淡麗を巡る。

越乃白雁 越淡麗無濾過生原酒。「あー」と声が出るぐらい嘉山と味の方向が似てる。

福顔、特別純米生原酒。越淡麗、酸味が強め。五百万石は日本酒らしい香りが強く、後味が甘い。

想天坊 越淡麗。酸味と甘味のバランスが良くて、スッキリしてる。美味い。

下越酒造、蒲原 たかね錦。なんだこれ、麦焼酎みたいな香ばしさがある。なんだこれ。初めて飲む感じだ。

蒲原の越淡麗はわりと普通だった。

菅名岳。名前はよく聞くが初めて飲む。少しウィスキーっぽいというか、スモーキーな感じ。

高野酒造、越路吹雪越淡麗。今日飲んだ越淡麗でベスト。高ぇけど。

北雪ブース人多すぎ。そして越淡麗、めちゃくちゃ甘い。嘉山以上に甘い。

陣九郎。コシヒカリの酒。酸味やや強め。バランス良くてスッキリ。

YK35、さすがに美味いとしか言えんわ。

加藤酒造の越後屋にごり酒、2年前も美味くて買ったけど、やっぱり美味ぇ。濃厚な甘さ。



一通り飲んで目的は達した。あとは適当に飲み食いして買って帰ろう。



しっかし、飲食ブースが3倍ぐらいになってて、超宴会場って感じだ…。

あーマルビンやっぱクッソ美味ぇなぁ!!前に飲んだときよりさらに微炭酸効いてる。純米大吟醸生酒。

ふなぐち菊水一番しぼり…の樽酒。なんだこれ美味ぇ。ふなぐち菊水に木の香りが付くとこんなに印象変わるのか。



今代司酒造が「地酒ガチャ」をやっていた。引かざるを得ない。

3等の純米吟醸だった。ハイノーマルか。



終了。ほとんど並ばず入れたこと、ブースを外にまで広げたことなど、2年前に比べて相当の改善が見られた。運営が良い仕事してると思う。

加賀の井をチェックし忘れたのは、不覚だったな…。

2年前はとかくリキュールを造って目新しさを探ってたところが目についたが、今回は「酒米の違いを楽しんでね」という酒を置いているところが多かった。同じ純米大吟醸のシリーズとして、「越淡麗」「五百万石」「山田錦」の3種を並べる、というような。

個人的な好みとしては越淡麗より五百万石の方が好きな味になる傾向があるかなと思うが、やっぱり尖ってて「なんだこりゃ」みたいな味の酒の方が面白くて好きなので、やっぱり越淡麗が良い。

あと、蒲原のたかね錦、北雪のコシヒカリ、千代の光のもち米。酒米で個性出そうとしているところが目立った。

まぁ要するに、「日本酒以外の酒を造る」という方向から「個性のある日本酒を造る」という方向にシフトしてる感じがして、そこはとても良いと思った。面白ぇ酒が飲めるよね。

「新潟淡麗」を冠している酒の陣だけど、やっぱ辛口淡麗以外の甘口旨口の癖のある酒を色々飲めた方がいい。どれ飲んでもそんなに変わらないのではつまらん。



今日買ったもの。加藤酒造の「越後屋米ラベルにごり」、DHC酒造の「清酒嘉山 亀口直採り 純米吟醸 無濾過生原酒」、菊水の「ふなぐち菊水一番しぼり(樽酒)」。あと今代司の地酒ガチャ。結局嘉山買ってしまった。亀口直採り美味すぎてつい。

加茂錦のマルビン、買うかどうかすげぇ迷ったが、財布と相談して止めといた。

酒の陣みたいなイベントは「普段飲みするレギュラー酒を探すため」という用途には向かんね。「イベント限定の大吟醸」ばかり並んでるんだもの。そりゃそっち試飲しまくるしかねーじゃん。普段飲みの酒は普段手に入るのを色々試すしかないわ。



酒の陣、二日で13万人、か。

しかし、あの2年前の「入場まで3時間待ちの大行列」がほぼ解消してスムーズに入れたことは、本当に凄いことだよ。しかも来場人数は増えてるってんだから。


2017年03月13日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.02.22 - 03.07

AIで雇用は減るか増えるか。

「AIと雇用」というのはめんどくさいテーマで、「AIは中間層の雇用を奪うかどうか」に付随して「AIは中間層の能力を奪う程度に人間として優れるか否か」みたいな話になるのだけど、

だから「AIは道具に過ぎないから雇用は奪われない」と「AIは人間以上の何かだから雇用を奪う」の対立になりがちなのだけど、

実際のところはどっちでもなくて、「AIは道具に過ぎないのだけど、それを優秀な人が使いこなして仕事を大量にこなすことで、中間層の雇用が奪われる」だと思うのね。

AIと雇用の間に「使う人間」が挟まるわけ。道具だから。「AIが人間の代わりになる」は無いんだけど、それは「AIで雇用は減らない・増える」とはイコールにならないでしょう、と。



Amazonでヤマトが瀕死になってるという話で。

ヤマトの話で「営業所留めにすると今度は営業所がパンクする」とか言ってる人居るけど、もうそこまで言ったら「どんな利用形態でもヤマトを使うな」言ってるのと同じだからね。配達のキャパの問題じゃなくなってるから。

「配達ドライバーが定時間で捌けるキャパシティを超えてる」という話であって「ヤマトが扱える荷物の物理的キャパシティを超えてる」なんて誰も言ってないと思うんだが。

勝手にヤマトの不買運動の話にするなと思う。

この話、Amazonが「細かい注文を細かい注文のまま即日配達」みたいな馬鹿げたことをやらなきゃ済む話ちゃうの?としか思えないんだけど。多少配達が遅れても同じ方面の荷物をまとめて送れば良いだけで。



「Amazon責めるな経営陣責めろ」っつーけど、それだったらやはりクライアントとしてのAmazonもそれなりに悪いでしょ。ヤマト側が「もっと金くれ」っつったらいくらでも出してくれたというわけじゃあるまいに。

何かAmazonがオレらが宅配便使うのと同じで「ヤマトから言われた値段をそのまま払ってるだけ」みたいに思ってないか。



Amazonが「細かい注文を細かい注文のまま即日配達」みたいな馬鹿げたことをやらなきゃ済む話ちゃうの?としか思えないんだけど。多少配達が遅れても同じ方面の荷物をまとめて送れば良いだけで。

ヤマトの話で根本的に不思議に思うのは、同じAmazonでもヤマトで来る時とゆうパックで来る時があるけど、ゆうパックだとビックリするほど遅ぇじゃん。わりと普通に1週間以上かかるじゃん。何でゆうパックにあの緩さが許されてヤマトに許されないのか?ってとこなのよな。



etc.

ナムコのキングオブキングスと光栄のロイヤルブラッドが何でリメイクされないのか不思議で仕方ない。



物語シリーズを見る手段を色々探って、結局のところ「ストリーミングの見放題サービスは見たいものに限ってラインナップに無い」ということがかなり多いんだなということが解った。

Amazonプライム、1ヶ月間無料体験やってみてビデオを見るために有料継続するかどうかかなり迷ったが、結局止めた。この1ヶ月を省みて、見てる時間が無い。せめて「Kindle本月一冊無料で読める」がAndroidアプリでも可能だったら払ったんだが。



取説作ってていつも思うのだけど、「百聞は一見にしかず」みたいな内容を百聞使って文章で説明する意味ってあるんだろうかな。「一見する前に知っておいた方が良いこと(起動までの設置など)」と「一見しても解りにくいこと(設定の詳細など)」を書けば十分でないのかな。

「スタートのボタンを押したらスタートして、終了したら終了画面になります」みたいなことをコマ送り写真とか使って詳細に記す意味って、無くねぇか。

たとえばファンヒーターであれば、必要なのは「安全な灯油の入れ方」であったり「オフにしてからコードを抜くまでに必要なクールダウン時間が必要」とかであって、「着火ボタンを押したら燃焼が始まって、その数十秒後に温風が出ます」みたいなところを何ページも割く必要無くねぇか。



ベビーカーや待機児童の問題はほぼ東京の一極集中による人口過密の問題なので、その問題を力ずくでどうにかするよりはむしろ地方への人口還流を促して一極集中を弱める方向に動いた方が良くないか。

東京ばかりデメリット解消&メリット最大化してどうすんの、という。



「日本以外の、中国やアメリカの異世界転生モノが見たい」ってのを見たけど、アメリカだとバックトゥザフューチャーが実質的にそれなんじゃないかと思った。



「とりあえずルタオ呼んで味噌ラーメン食わせときゃええんやろ」というデパートの北海道展の風潮。一昔前はルタオがロイズだった。



プレミアムフライデーが悪いと言ってるのではなくて、「やるならちゃんとやってくれ」と言いたい。「よく解りませんがプレミアムフライデーです」とニュースで流される一方で職場ではプの字も無く、という状態で何をしろというのか。



めしばな刑事タチバナ24巻読んだ。相変わらず話が濃すぎるが、ただひたすら袋ラーメンの銘柄を列挙されただけという気もする。



セブンの丸から、何度か食って「揚げたての美味さと保温器で放置されて時間が経ったものの不味さとの落差がハンパ無い」ということが解った。丸からの評価が人によってバラバラなのも多分コレ。



ファミコンミニ、さすがにもう要らんわ。転売屋に倍払ってまで買うようなもんじゃないし、こんなに待たされてまで買うようなもんでもない。

任天堂も、売る気無いやろこれ。

Switchも同様に、口コミ広がって今が一番売れるってタイミングで品切れとか、最近の任天堂は致命的にこの辺が下手。



教育勅語が悪かったのは「天皇への忠誠を誓う部分が戦争につながった」という点だったはずなのに、反戦左翼とフェミニズムが合流して「家父長制もよくない」からの「父母を敬わなければならないというのがそもそも間違い」みたいなところにシフトして今に至ってない?みたいなことをたまに思う。



安い(というかほとんどの)すし屋で炙りを出すと、ガスバーナーで炙ってしまうので寿司にガスの臭いがついて美味しくないのだけど、あまりそういう声を聞かないのは不思議だと思ってる。

高めのすし屋だとその辺解ってるから炭火でネタを炙ってから握るか、そもそも炙りを出さない。



北朝鮮のミサイル、本土に落ちる前にまず漁船が巻き込まれて死者が出るみたいな事件が起こるんだろうなと思う。そうなったときに日本の世論がどうなるかは想像付かん。ポリコレで滅茶苦茶に押さえつけてるものが全部爆発するだろう。


2017年03月08日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.02.10 - 02.21

etc.

「300円のペットボトルワインと、セブンのワンコインのカベルネソーヴィニヨンの違い」はよーく解るけど、5000円のワインなんかその時点で自分にとってはありえないぐらい高級なので、格付けチェックの「5000円のワインと100万円のワインの違い」は絶対解らないと思う。

5000円オーバーのワインは5000円だろうが100万円だろうがオレの中では「すっげー高いワイン」である。

にしてもセブンのワンコインでお釣りが来るワインは本当に美味いので凄い。コスパ良すぎ。

日本酒も、必ずしも値段と美味さが比例しているわけでもないし、甘口/辛口で全然違うから、飲んだことの無い銘柄で格付けチェックやっても解らんだろうな。

逆に、そういう視点で格付けチェック見ると結構アレだよなと思う。楽器の目利きも、分析上は高かろうが安かろうが音は変わらんらしいじゃん。



男の一人暮らし料理っぽいんだよな平野レミ。



「男の保育士に娘を任せるなんてとんでもない!」「できれば保育士は男でないほうが良い!」という話が、何となく「まぁ、そんな感じだよねー」と流されてなぁなぁでフェードアウトしていくわけだが、それで良いのか本当に。

物凄くヤバい言説を社会に野放しにしたことになるんだが。ついこないだ「保育園落ちた日本死ね」を流行語大賞にしてしまった国だぞココ。



「学習とはなんぞや」といえば、たとえば格ゲーで言えば「こう攻めたらこう返された、だから次はちょっと変えてこうしてみよう」という調整の連続であって、「機械学習」というのは要するにそういうことだ。

AIによるゲーム攻略に対して一番的確な表現をするなら「TASの自動生成」だと思う。

TASに感情が挟まる余地は無い。




「AIが感覚的に変な挙動した」というのは「特定のシステムに対して感情省いて最適化を極めるとこういう動きになる」というだけの話であって、ディープラーニングをよく知らない人はこの話を聞くと「AIとかいうよく解らないロボットみたいなものが、人間の常識とは全然違う動きをして怖い」みたいな印象を受けると思うが、それとは全然違うと思うんだよね。

なんつーか、メディアが変な色をつけて報道しすぎだと思うんすよ最近。「すげぇプログラム技術が出てきた」という話が「人類が新しい人格を生み出した」みたいな話になっててすげぇアレ。



ダンジョン飯4巻読了。常々「これは引き伸ばさず、スマートに終わらせるべき」とは思っていたが、まさか4巻でファリン救出成功、めでたしめでたしとなるとは想像もしなかった。早ぇ。まだ続くっぽいが、今後どう動かすんだろうか。

それにしても「ドラゴン倒して食う」という流れで、ただ肉を食うだけでなく「ドラゴンをピザ釜にする」という発想が本当に素晴らしい。

さすが動く鎧を食った漫画である。



「塚本幼稚園」の名前見るたびに頭の中ではキャシィ塚本が保育士やってて園児の前で「ドーン!!」って叫んでるイメージが展開されている。



ウル4、ザンギでめでたくPP2500のBP5000を達成したので、心置きなくハカンを使うことにする。


2017年03月01日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

| むなかた思考TOP |