17.08.30 - 09.13


これねぇ、「みみっちい」とかそういう次元じゃなくて、この程度の暗算で「暗算ができるのをひけらかされてるようでムカつく」って人が世の中には本当に居るんですよ…。


小銭を少なくする計算って、一般的にはどうやってんですかね。

オレは「680円か。まず100円玉1枚出す、500円玉無いから代わりに1000円札出す、これで600円は終了。次に80円はまず10円玉3枚出す、50円玉は無いから代わりに100円玉出す、これでお釣りが500円玉と50円玉1枚」みたいな感じなんですけど。

「500円玉無いから代わりに1000円札出す」「50円玉は無いから代わりに100円玉出す」みたいに「出したい硬貨が無い場合に、1つ上の硬貨を出す」とやっていけば自然と財布の中の小銭は最小になる。「1000-680=320, 320+230=550」みたいな計算はしてない。



最近読んだ漫画。

タブータトゥー全13巻読了。「美少女」「異能バトル」「オマージュの塊」でできたような作品であった。最終的にジョジョ並に話(というか絵)が解りにくいのが欠点だが、レベルは高かった。

「無とはいったい…うごごご」とか「私はアリヤバータ すべての人類を消し去りそして私も消えよう」とか「決戦の最後に呪文に包まれる地球」とか、FFオマージュを練り固めたような最終巻だった。

オマージュっつーかパロディだなここまであからさまだと。

何で急にタブータトゥー読んだかっつーと、絵が好みで気になってたところでKindleで1~12巻半額セールやってたからつい一気買いしてしまったため。

序盤でヒロインとラスボス(敵国の姫)がキャッキャウフフしてたような話が、いきなりヒロイン惨殺されてガチな殺し合いになって国レベルの戦争に発展して最終的に地球の興亡かかる話になって終わるとは思わねーべな。



アカギがポン引きで大勝ちしてるの、またヤクザに斬られそうになる展開しか浮かばないんだが、これやっぱ「鷲巣麻雀前の丁半博打の展開」の意図的なループなんだろうな。鷲巣麻雀もアカギにとっては日常の博打の1つに過ぎなかった、的な。



進撃の巨人はもう全く話についていけねぇ。



衛府の七忍4巻読んでる。が、やはり「誤チェスト」の破壊力が半端無い。笑うわこんなんw

とりあえず「薩摩ぼっけもんが源之助を挑発→キレた源之助の虎拳喰らってストンと落ちる→恥ずかしい!生きてはおれん!!→その場で即切腹&介錯→ぼっけもんの切腹の速さに源之助ドン引き」で笑わざるを得ないw

シグルイを全力でギャグに昇華してる作品だと改めて思う。



ドラクエ11、ここまででプレイ時間60時間。

ドラクエに睡眠時間を持っていかれている。とてもよくない。

昨日ベロニカが亡くなりまして、エアリスが死んだ時と同様のショックがあったのですが、本当にドラクエ11は今までのDQFFの過去作のエッセンスをぶち込んで作ってるな。

「ベロニカ亡くなる」→「そうは言っても何かイベントあって復活するんでしょ?w」→「セーニャがベロニカのスキルを引き継いだ!」→「…えっ、これマジなヤツ…」

リアルに「…えっ!?」って声が出た。

「キャラが死んでスキルを継ぐ」っつーとエアリスというよりFF5の「ガラフ→クルル」の方が近いか。ドラクエで「ストーリー中盤から最後までキャラが死亡で抜ける」って、今まであったっけか。多分無いよな。

まぁ最終的には復活できるらしいとは聞いてますが。



ドラクエ11、「主人公はプレイヤー自身なのか作中の登場人物の一人なのか」が定まってないからイベントシーンのたびに「結局コイツは何なんだろう…」と思いながら主人公眺めるハメになってる。

別に「プレイヤー=主人公」である必要は無いと思うけど、ドラクエ11で「プレイヤー≠主人公」をやってしまったら完全に「コレFFやん!!!」になってたろうなぁ。

DQ8もDQ11も、「プレイヤー=主人公」としているわりには主人公キャラに色が付きすぎているんだよなぁ。DQ11に至ってはFF7のクラウド並みにプレイヤーのあずかり知らないところで主人公キャラが勝手に動いてる感じがする(そういう意味でクラウドは(悪い意味ではなく)極端すぎたが)。



ドラクエ11、とりあえずクリアした。エンディングで早々「to be continued」になるので本当に「とりあえず中間地点通過」みたいな感じだ。噂通りにラスボス強くないしな。ダメ元で突撃したらそのまま倒せてしまった。

「ベロニカを生き返らせるまでがドラクエ11です」感ある。 #家に帰るまでが遠足です

ブレイブリーデフォルトに続き、なんか今年は「過去に戻ってやり直し」みたいなストーリーのRPGばかりやってるな…。



https://twitter.com/rionaoki/status/907032574433693696
うん。

ドラクエ11のポリコレ違反、そもそも「双子姉妹が空飛ぶUMAを呼ぶ」という設定から既にポリコレに引っかかってる感じがするが、これって「モスラ→DQ3ラーミア→DQ11ケトス」のオマージュだし、政治的正しさに従うとそういう「ポリコレという概念が無かった頃の作品のオマージュ」もできなくなるんだよなぁ。



etc.

https://twitter.com/ninjayokosuka/status/902524375299215360
ポリコレによって黒人奴隷が消えた創作物で育った子供は、当然に「アメリカに黒人奴隷なんか居なかった」と言い出すだろうな。

「完全に滅菌された世界でどうやって菌を教えるのか?」みたいなことを差別でやるわけだね。



Twitterでも過激でアレなツイートほどバズるのは、結局のところネットは「構ってちゃんの荒らしが猛威を振るってた2ch」から2017年になっても一歩も進歩してないってことなんだろうな。

面白いこと・楽しいことが広まって呪詛は無視される、というのが理想のインターネットだけども、これをシステムで実現しようとするのはなかなか難しいわなぁ。

呪詛も、言ってる本人や広めてる人たちは呪詛のつもりではなかったりするのが普通だしな。



新聞見てたら「ミサイルで原発狙われそうで心配」みたいなの見たけど、ミサイルがすでに核搭載できるってのに原発狙ってどうするんだろうか。



ぶっちゃけ日本がこれから核装備したところで北朝鮮の抑止になるわきゃないのだから、これからの議題は「撃たれる前に撃つことの是非」だと思うのですが。

既にアメリカの核ににらまれてるのにここまで来てるのだから、今さら日本が核装備して北朝鮮の何の判断材料になるのか謎過ぎでしょ。



ハリケーンに対して緊急事態宣言を出したトランプ大統領に対して「お前の存在が緊急事態宣言だ」みたいなリプライ付いてて、向こうにもクソリプって普通にあるんだなと思った。



結局、大量の憶測があっただけでここに至っても「SMAPは何故解散しなければならなかったのか」が全然解らないの、すげー話だなと思う。

「ジャニーズの誰と誰に確執があった『らしい』」とか「水面下で物凄い折衝があった『らしい』」とか、そういうのは耳タコだけど、結局のところ表でそういうことが言明された事は一度も無かったわけじゃん。

でも皆「そういうことなんだろう」という裏の無い憶測をベースにして事態を飲み込んでるわけじゃん。すげーこと(悪い意味で)だと思うんだけどねコレ。



仕事でもゲームでも何でも「思い込みでミスをする」というのはあるんだけど、そもそもそれ自体が結果論であって思い込みでミスをしたと思う瞬間まではそれを思い込みだとすら認識してないよな。

だから「思い込みを排除してミスを無くそう」というのは「ミスをしないように気をつけよう」ぐらいの無意味な話でしかない。

「思い込みによるミスの確率と判断の速さはバーター」というのはもっと理解されるべきだし、最高速度で走っていれば急なカーブでは曲がれない。

「ここはカーブも障害物も無い直線だからアクセル踏み込もう」の時点で既に思い込みであって、ここが本当に「カーブも障害物も無い直線」かどうかは走る抜けるかクラッシュした後でないと解らない。目視確認したところで「カーブも障害物も無い可能性が高い」ぐらいでしかない。



夏になるとコンビニでもスーパーでも花火売ってるけど、実際のところどこでやればいいんだろうかと思う。昔と違って今は花火やって良いところなんて厳密には存在してないのでは。

いまだと一戸建ての庭先ですら「花火の煙が隣家に流れるのでダメ」とか言われそうだ。



「閲覧注意」というのが「注意喚起」ではなくて「単なる煽り言葉」に変遷した結果、震災津波映像のような「本当に閲覧前に注意しなければならない映像」に対して注意喚起する言葉が無くなる、みたいなのは本当にどうにかならんかなと思う。

「放送事故」なんかもそうで、「放送する側が意図してないような過激映像(のように見える演出)」という煽りになった結果、本当に「放送が止まった」という意味での放送事故なのか解り難くなった。


2017年09月14日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

2017.08.12 - 29

2017/08/29 6:02

ミサイル発射警報か…。

実際のところどうしろと言うのだ…。

ミサイル発射警報、コレ東京鳴ってねぇのか。東京に出ると出ないとで今後の世論全然違うと思うぞ。



「テレ東までもがミサイル発射の特番を入れ、これは本当に戦争かと思われたところ、けものフレンズは予定通り放送され安堵が広がる」まで読んだ。

北朝鮮がアメリカの反応を見ることしか考えてなくてミサイルが通過する日本のことは考慮からスッパリ抜けてる、というほどアホじゃないと思いたいが、もうこれ解らんなぁ。



「Jアラート鳴動で『逃げて!と言われてもどこに逃げたらいいか分からなかった』と言う人は何ヶ月間もニュースや政府公報などを見てなかったのか?」…と言うけれど、そう言えるほど報道されてないと思うよ。この数か月の政治関係なんかモリカケと豊洲だけだったじゃん報じられてたの。

モリカケ問題を報じる時間の1割でもこういう広報に使って「メディアが本来果たすべき役割」を全うしててくれたらなぁと思う。



「Jアラート受けてもできることがない」というより「とりあえず家の中でカーテン閉めて布団かぶって寝ていればわりとベターな行動」というのが正しいのでは。そもそもミサイル直撃しても助かる行動自体が存在しない。



24時間テレビ。

毎年「24時間テレビなんかやってないでその制作料を寄付しろよw」とか言われるわけだが、そもそも製作費用の多寡の問題じゃなく「企業は広告目的にスポンサー料を出すのであって寄付金として出すわけではないのだから、『番組制作費を寄付すれば』というのは詐欺教唆レベルの戯言」というのがもっと言われるべきだと思う。

おつかい頼まれて渡されたお金を道端でやってた共同募金に全部寄付して何も買えずに帰ってきて怒られないとでも思ってんの?って話ですよ。

「24時間テレビの製作費用を寄付すれば良いじゃん」というのは「種籾なんて撒かずに食っちまえば良いだろ」レベルの話をしているわけです。



FNS27時間テレビが青息吐息なのに比べて24時間テレビが古臭いまま健在なのは、やはり「金が集まる番組だから」ってのが大きいんだろうなぁ。あとなんだかんだでテーマが固まってるのと。

今のワケの解らない障碍者のお涙頂戴番組と化した24時間テレビは嫌いだけど、「特別番組として募金活動をやる」というのはやはり企画として白眉だと思うよ。



24時間テレビは続くけどかくし芸大会は終わったりするの、正直よく解らない。

ここ10年ぐらい、テレビ局の「伝統番組」の取捨選択が狂ってねぇか?という気がする。まぁ「いいとも」はタモリの年齢問題があるから仕方ないにしても、土曜ワイド終わらすとか、さぁ。

土曜ワイドもニチアサも、伝統枠どかして報道番組にするほど報道番組が視聴率取れるとは到底思えないんすけどね。




この話、そもそも問題提起している側が算数と数学をごっちゃにしているのが悪いのでは。この問題ではもはや掛け算の順序とは違う。

「85円×144本+144円×15冊」を「144×100」として良いとするのは「単位をガン無視してよい」という話で、このケースは確かに「ズル」としか言えないと思う。「たまたま数字が同じだったら単位は無視してよい」という理屈は算数にも数学にも無いはずなので。

「掛け算の順序の問題」は「85円×144本を144本×85円と書いたらダメ」とか言い出すことだったから賛否(というかほぼ否)あったけど、「85円×144本=85本×144円」とか教えたら、そりゃダメでしょ。それ交換法則じゃないもの。

「掛け算の順序の問題」に対して「85円×144本を144本×85円と書いても良いだろ!」ではなく「85円×144本も144円×85本も一緒だろ!」という思考で反発していた人が少なからず居たのだなぁと、ちょっとビックリしてる。



最近のTwitter。

最近、わりと本気で「こっちばかり多方面に勝手に配慮する必要は無くて、もっと向こうを見習ってダブスタ全開でエゴを叫ぶぐらいで丁度良いのではないか」と思ってる。

これからは「ダブスタとか知るかよ!オレはそれが良いんだ!!それで何が悪い!!!」ぐらい叫べないとダメなのかもしれない。

一人で勝手に中庸を目指すのではなくて、エゴをむき出しにして遠慮なく殴りあうことで中庸を目指すべき、というか。

こっちが1を主張し、向こうが-1を主張すると、足して0になる。一人で勝手に遠慮して0を目指したところで相手は変わらず-1を主張するので、足すとマイナスになる。そういう感じ。

対話が不可能な人が増えすぎているので、これからはひたすら一方的に叫んで中和していくみたいなことがネットの言論として必要というか当たり前になっていくんだろうなと思った。



「何で他人に異様に厳しい人ほど自分には激甘になる傾向があるのか」について少し考えたが、そういう人は「そもそも自分が何を言っているか解っていない(自分の言葉が客観的にどう受け止められるか理解してない)ため、結果として『自分の言葉を他人が聞いたときに設置される他人へのハードル』と『自分の言葉による自分へのハードル』とがかけ離れてしまい、ダブスタが生まれる」ということなのではないかと。

他人がミスして「そんな程度でミスするようなヤツは死んでしまえ!」という人、自分が失敗した時には「他人のミスにはちょっと厳しく言っちゃったから、自分も反省しなきゃねー(テヘペロ(←自分にとって厳しめの反省」となるわけね。

自分がいつも言ってる「死ねとは言ったが死ねというつもりで言ったわけではない」というやつ。



etc.

世の中死亡フラグ数あれど、日本において「サスペンスで犯人をゆする」に勝るものは無い。

何でこんなにもサスペンスには必ず犯人をゆすって金を取ろうとして殺されるやつが絶えないのか。



普段車に乗らなくなって歩行者の立場になることが多くなって大分経つけど、右左折時に横断歩道の歩行者の有無を見ない車が大体10%ぐらい居て、横断歩道の歩行者を見ながら「オラどかんかいひき殺すぞ!!」とアクセル踏む車が0.1%ぐらい居るという印象。



「肉親が死んだ時の葬儀や埋葬などの手配」というのは、どこで(タイミング的にも場所的にも)学ぶものなのだろうか。よく皆当たり前のようにこなしてるなぁと物凄く不思議なんだけれど。

結婚式は「式を考えているんですけどー」と式場窓口で相談すれば全部教えてくれるからそういう点では楽だったけど、葬式は自分から予定立ててすることじゃないし。



ハンドスピナーで「無間の歯車」作ったらめっちゃ売れそうな気がした。



ここ最近、Kindleで無料だったクッキングパパの1~3巻読んでいるんだが、「30年前の作品」ということを念頭において読むと本当に凄いぞこれ。「兼業主夫とキャリアウーマンによる理想的な家庭」というジェンダーフリーのテーマを30年前に描けていたと思うと先進的過ぎてビックリする。

あと飲酒に対する緩さの描写が30年前の世相の資料として通用するレベル。子供がちょっと飲んでいたり、軽く一杯飲んだ後にスクーター乗ったり、今では絶対にありえないが当時の飲酒に対する意識は確かにそんなもんだった。

何度も言ってるけど、世の中が飲酒運転に対してここまで厳しくなったのは本当にここ10年かそこら(2006年の福岡海の中道大橋飲酒運転事故による)だからね。



新潟県庁前の眼鏡のパリミキ、仏壇のTOAになったのか…。時代やのぅ…。

仏壇墓石葬儀が世の中のメインビジネスになっていくの、本当に日本がフェードアウトしていく感じがする。


2017年09月03日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:1

| むなかた思考TOP |