2015.02.12 - 28

「残業代ゼロ制度」。

残業代ゼロ制度、日本特有の働き方を変える期待
政府が一見、労働者にとって不利に見えるような制度の導入に踏み切るのは、いわば「ダラダラ残業」をしている人の方が、定時内できっちりと仕事を終わらせる人よりも評価されることが多い日本特有の働き方を変えるため

だったらやるべきなのは「成果評価方法の策定」であるべきですが、そんなもんは無くただ残業代をゼロにするだけなのでどうやっても「残業代ゼロ制度」以上の意味は無いですし、またバッタバッタと人が過労死しますね。

何で成果の評価ができないかって、そもそも上司が部下の仕事を理解できてないからですよ。内容も量も理解できないまま何となく投げてる仕事を、部下がやり遂げたって成果の評価なんかできるわけねーじゃん。


まぁでも、ホワイトエグゼンプション適用基準が「平均年収の3倍」は大分マシになったな。当初言われてたのが「建前上でも何でも幹部候補なら誰でもおk」っていうとんでもない話だったのに比べたら。

「マシになった」と思うこと自体、まんまとしてやられているのだろうけど。やっぱ「最初に吹っかける」というのはどんな交渉でも有効なんだな。


etc.

「正しい」というのは「事実の判定」に使う言葉であって、「自分の政治主張と同じ、同意できる」を「正しい」と表現する人は、大抵アレです。



肉の食レポで「霜降りが凄くて口の中で溶ける」とか言うの聞くたびに「だったらバター食ってろよ」と思ってるけど、アメリカだと本当に揚げバターとか食ってんだよな…。



報道の自由度ランキングに関しては「何でシャルリーに疑問を呈しただけで逮捕されるフランスより、安倍死ねとか好き放題に叫べる日本の方が下なの?」という素朴な疑問に答えてくれる人が出てくるまでスルーで良いと思う。

少なくとも、どう考えてもロクに批判報道がされなかった民主党政権下の方が低くないと嘘だろう。



女性の社会進出みたいな話の根底にいつもある、「仕事はキラキラしてるもの」みたいな現実離れした認識は、一体どこからやってきて浸透してるんだろう。ドラマか?

【軍曹が】携帯電話開発の現状【語る】」みたいな、リアルでドロドロで全く羨ましくない仕事の話はマスメディアに乗らないしな…。

でも現実の仕事ってそういうもので、「キラキラ」と最もかけ離れてるもんだけどな。



別に個人の嗜好の話だったらいくらでもダブスタかましてくれて良いと思いますけど、社会系の話でダブスタかまされるって事は「その話を真面目に聞いて認めることは生存権を取り上げられることとほぼ同じ」なんですよ解ってますか。

「オレは何をやってもいい、お前は何もしてはダメ、根拠はオレの気分」とか、そんなん趣味の分野で一人で閉じこもってやってろって話であって、政治・社会の話に持ち出すなっての。

「ダブスタで何が悪い!」とかたまに聞くけどさ、「何が悪い」って「そのダブスタっつーかお前の好き嫌い一つで他人をどうこうしようとするのが悪い」としか言いようが無い。独裁者かよ。



「街頭の大型モニタでプロポーズ」みたいな、YouTube動画流すだけのバラエティでよくあるような「大掛かりなプロポーズ」を見るたびに、「その絶対に断られないという確信はどっからやってくるんだ」と思う。



ラッスンゴレライをオリラジが実際やってた(本家より上手かった)のを先日のめざましでチラ見して、こういうネタでも上手い下手があるんだなと思った。

そしてその後日に千鳥が(わざと)下手にコピーしていて、「やっぱこのレベルの芸人だと皆自分のキャラを熟知してんだなぁ」と思った。

オリラジが上手くやると疾走感すらあるし、千鳥がそこそこ上手くやったところで面白くも何ともないもんな。



最近地上波のバラエティでちょくちょく金田朋子見るけど、テレビタレントとしては松野明美と同じジャンルだと思う。

2015年03月04日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

<< 2015.03.01 - 11 | むなかた思考TOP | 2015.02.06 - 11 >>












管理者にだけ公開する