2016.03.14 - 23

7年ぶりに引っ越したので備忘録を残す。

1.引越し屋さんは絶対に相見積もり取ること。今回の引越しでも5万~19万(値引き前)ぐらいの価格差が出た。相見積もり取らずに19万で決めてたらと思うと本当に恐ろしい。

おそらく値段はその時々の担当営業や繁忙度合いによって変動するので、どこの業者が常に安いとか高いとかいう話ではない。そういう意味でも相見積もり重要。

引越し屋さんに頼むことで色々と捗るので値段分の価値はある。今回は大物家電を個人で運べる気がしないので頼んだが、他にもダンボール山ほどくれるので事前に荷作りがきちんとできたりとメリット多い。

あと、引越し屋さんに頼んでダンボール山ほど使ったら、「今ぐらいの荷物がダンボール何箱分か」をカウントしとくと良いです。引越し屋さんに見積もり頼む時に何回か聞かれました。自分は今回30箱ちょいだった。



2.売るものはまず最初に売ること。特に小型家具とか。迷って残しておくと邪魔になる上に、引越し屋さんがそれを運ぶのに代金余計に取られたりして、アホくさいことこの上無い。

売れなかったらさっさと粗大ゴミとして出す。引越し先で粗大ゴミ出すとか本当にアホくさい。金出してゴミ運んでもらうって何。



3.世の中、引越しは特定日に決めてその日を境に前の住居の解約するらしいけど、本当にそんなことが可能なんだろうかね?と常々思う。

自分が引越しする時は常に前の住居と次の住居を1ヶ月重ねて契約して、その1ヶ月に自分で細々した荷物運んだりして徐々に引越しを進めてたので、そういうことができる気がしないんだよな。引っ越し終わった後に前の住居の清掃期間とか要るっしょ絶対。



4.なんだかんだで次の住居の契約には「家賃4か月分」は必要だと思いましょう。プラス引越し代やら必要な家財揃えたりするので2ヶ月分。合計で家賃6ヶ月分ぐらいの費用はかかる。

「敷金1/礼金ゼロ」だったけど、管理会社への管理費とか仲介費とか鍵の交換代とかで、なんだかんだで「敷金1/その他2/当月家賃1」で契約即4か月分必要になりましたね。



こちらからは以上です。


etc.

昭和のSFというか未来予想図が「栄養カプセル1つで何も食べなくても大丈夫」とか「ロボットが代わりに働いてくれて何もしなくても済む」とかだったのは「食うものもろくに無い中朝から晩まで肉体労働してる」の裏返しだったんだろうなと思うし、現在は「飽食の中でサービス労働と失業で苦しむ」なので「いくら食っても太らない美食」を求めたり「どうやって仕事を生み出すか、ロボットに仕事を奪われないか」に苦労したりしている。



囲碁AI開発のメリット、「コレだけのものが作れたら偉い」って思える人にはそもそも説明の必要が無くて、説明が必要な人(例えば民主党仕分けチーム)なんかは「で、囲碁が強いと何が凄いんですか?」とか言い出す。そこで心が折られず説明を続けられる自信は、オレには無い。

仕分けチームに「囲碁が一位である必要はあるんですか!?そこそこ強い囲碁ゲームではダメなんですか!!?」って詰問されてみ。絶対心が折れる。



「FGO始めたらまず全体攻撃宝具持ちバーサーカー育てろ、それが一番育成スピード速い」いうのが流れてきたけど、どこまでの話なのかよく解らん。火種超級だとバーサーカー瞬殺されねぇ?

「とりあえず星3鯖をレベル40まで持っていく」ぐらいまでの話なら解る。

ただでさえ「バーサーカー、微妙じゃね?」と思ってたのが、ジキルの幕間物語で「連れていったハイドがジキルの一撃で沈む」を体験して「バーサーカーはヴラドさんレベルじゃないとアカン…」の確信に変わった。

バーサーカーってカレイドスコープでも無いとそもそも宝具撃てないですよね…。



先日集団就職説明会に出席する機会があったんだけど、学生が全員マスコミ関係に殺到していて、この世の縮図を見た気がした。

「知名度のある企業に殺到する」が常とはいえ、やっぱり「今の日本で勝ち組になるにはマスコミしかない」って皆思うよな…。

明らかに政治家より偉いもんね、マスコミ。



「何も解ってない人ほど声高に叫ぶことができ、色々知って考えれば考えるほど軽々に断定したりできなくなる」っての、民主主義における人間の根本的致命的な欠陥くさい。



ドラマを見た後でKindle版のフラジャイル1巻が無料だったので読んでるが、面白い。というかドラマ版と全く違って岸先生がちゃんと他の医者と強調して物事進めてて「君たちが医者でいる限り、僕の言葉は絶対だ!!」とか言わない。

これを「岸先生がクソ医者をやりこめる勧善懲悪の話」に変えたドラマ脚本、あまりに酷い。



波よ聞いてくれ」は絶対実写化されると確信できるぐらいには面白いし、その時に誰がミナレやっても「お前じゃねーだろ」言われるのが既に目に見える。



毎年言ってるような気がするが、ゴールデンウィークの「n日休めばm連休です」理論って、もう「有給1ヶ月取れば30連休です」でも何でも良いだろと思う。変わんねーよ。



「日本死ね」言われたら「よーし公共事業削って保育士に月5万出す!」とか、自民が最低賃金アップに本腰入れ始めたら「こっちは最低賃金1500円だ!」とか、そんな風見鶏丸出しの政治やらかすようなとこ、恐くて投票できねぇから。

政党として定見は無いのかと。

本当に野党は「反自民」しか政策持ってないんだなと。そして、よくそんなとこに一度政権渡したもんだなと。



「新しいぶどう酒は新しい皮袋に」という意味で野党が多少ガラポンされて民進党が誕生したのは良い事だと思ってるけど、問題は肝心のぶどう酒が全く新しくもなければ反省もしてないってことなんだよなぁ…。

2016年03月24日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:1

<< 2016.03.24 - 31 | むなかた思考TOP | 2016.03.02 - 13 >>

>「いくら食っても太らない美食」を求めたり
1970年代にSF作家の星新一さんがすでに、「これからは食料の供給がどんどん進むでしょうから、ゼロカロリーかつ素晴らしい味の食品が求められるでしょう」と、みごとに言い当ててますね。
またウェブ時代の身分詐称&インサイダー取引も作中で予言してたりと、あの方は時代を30年以上は先取りしてたように思います。

2016年04月04日 guldeen URL 編集












管理者にだけ公開する