2016.05.11 - 22

笑点とはあまり関係無いが。

司会が春風亭昇太で物凄く若返ったように見えても56歳である。これは物凄く重要な事だと思う。

今の世の中は「あと4年で還暦」という人を「若手」扱いして特に違和感が無いということである。ヤバい。

今ブレイクしている永野にしても、芸暦20年の41歳が今ブレイクしただけで若手お笑い芸人の枠に入っている。つまりは、ポストが空かなければ未来永劫若手ということだ。

もはや実年齢と社会的ポジション(≒収入)が全くかみ合わなくなっているわけで、そりゃ少子化にもなるよなと。



etc.

フィクションにおける演技力(例えば「ドラマの劇中劇で俳優を演じてる人が演技力を見せ付ける」みたいなの)は大抵が「役に入り込んでキチガイじみた演技をする」だったりするんだけど、よくよく考えるとそれって正しいんだろうか。演技力ってそういうこっちゃないよな…。




こうして比べて眺めてみると、このシーンは藤原竜也の演技の方が「自分が原作読んで浮かんでいた絵」に近い。アニメ版はやりすぎっていうか、そんなハァハァ言うとこじゃないと思う。

よくモノマネ番組で「藤原竜也のカイジのモノマネ」やられてるけど、こうやって改めて見ると「キンッキンに冷えてやがるぅぅ~~~~!!!」みたいなの全然やってないなw

そういやトネガワ2巻のおまけに「班長の1日外出券の過ごし方」があって「こんなに安く飲める!」ってあったけど、よく考えてみたら「地下ではたかだかビールとしょぼい焼き鳥で同じぐらい取られる」っていう前提があったんだな。



「狂気には狂気しか対抗できない」っつって反抗する側が狂気に染まるんでは、結局どっちが勝っても狂気しか残らんのでその時点で全員負けなんですよ。しかも、大体がそうやって言い分けつけて狂気に染まる方がより酷いからね。



野党がどうにかレベルアップしてくれんと与党のレベルの底上げもままならんのだけど、野党支持者は野党のレベルの低さこそを支持してるので、まぁ要するに詰んでる。



アルマゲドン・ディープインパクト・デイアフタートゥモローなどなど、天変地異で地球滅びる系のハリウッド映画は山ほどあるが、その中でも地震で地球滅びる作品が少ないのは、やっぱり欧米人が地震に縁が無いからなのかなとふと思った。



久しぶりにイナゴの佃煮食った。記憶通りに美味かった、というか砂糖醤油の味。

砂糖醤油で煮詰めて佃煮にしたら、大抵の昆虫は美味しく食える気がする。



ここ数日で急に「東京五輪潰そう」の声が大きくなったのは、確実に「ネットの電通嫌い」を巻き込んだから。「東京五輪を潰せば、その責任を電通が負うことになり、電通を潰せる」という、何の根拠も無い動機で騒いでる人が多い。



一連の五輪のあれやこれや見ても、「ネットの普及って本当に世の中をよくしたのかなぁ」とマジで疑問に思う。

エンブレム問題にしても「Googleで画像検索してパクリだと騒ぎ立てるだけの簡単なお仕事」がこんなに横行するのを見てると、「暇だけあって失うものが無い人が一番強い」という2chをはじめとしたネットの最悪な部分が、見事なまでにリアルに侵食して世の中がダメになっていく様を見せつけられてる気がしてなぁ。



デマをばら撒く人が言うこと聞かない人を「知的レベルの低い人」「あたまがわるい」と呼ぶのは相手の不安に付け込む手口を意図的に使ってんだろうなぁと思う。仕立て屋が「これは馬鹿には見えない服です」と言って詐欺るアレと一緒。



「蜷川幸雄のシゴキが厳しかった話」が「蜷川幸雄の演出とは」という言葉で語られるので「それ、オレが知ってる『演出』の意味と違う…」になる。



仮面ライダーゴーストが住職と聞くたびに「寺生まれのTさんの話なんです?」と思ってしまう。



FGO、ヘラクレスを80まで上げたついでにダレイオスも上げて戦力にし、サポートと合わせてバーサーカーチーム作ったら種火超級がサクサククリアできるようになった。それにつけても死霊魔術の発動率の低さ。

死霊魔術、「ここで一発耐えてくれたら勝てる!」って場面ではまず発動しないくせに、「こんな負け戦で耐えたところでどうせ焼け石に水」という状況ではやたらと連続発動する。当てにならなすぎ。

2016年05月24日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

<< 2016.05.23 - 30 | むなかた思考TOP | 2016.04.20 - 05.10 >>












管理者にだけ公開する