2016.07.30 - 08.03

2016都知事選。

「勝てるifは山ほどあった」「常識的に選挙やってれば普通に勝てた」というところで、わざわざ全部悪い方を選んで惨敗した野党、いくらなんでも凄すぎないですか。意図的に与党に勝たせようとしてるとしか思えんよこんなの。

改めて得票率見比べても、宇都宮氏で一本化できていたら少なくとも2位は確実だったし、選挙戦も政策論でまともに戦えて本当に当選狙えてたのではないのかなぁ。

あと、石原氏が言ったにせよ瀬戸内氏が言ったにせよ、「厚化粧」というのはかなりの女性有権者に刺さる中傷なんだなと。そこまで威力のある言葉だとはさすがに思わなかった。



しかしまぁ、2位と3位にガッツリ「推薦」が付いてて、当選者に推薦が何も無い光景というのは、確実に何かが変わった瞬間ではあるのかなぁと思う。

でも、(Twitter上の野党側の色々な酷さを除外して)リアルの選挙戦だけ普通に見る分には、「まともに選挙戦を頑張ってきた順に1~3位で順位が付いた」というだけの、至極真っ当な選挙結果だよなコレ。

「小池氏は自民と対立したからこそ当選した。『何となく参院選で自民が大勝利過ぎて不安』という層は小池氏か鳥越氏しか選択肢無かったのだから、普通に考えたら小池氏に入れる」というのをリアルで聞いて「なるほど」と思った。確かに今回「マイルドな反自民層」って小池氏しか投票先無かったんだな。

桜井氏に投票する人が10万人居たということはまだ現象として理解する(好ましいとは思わん)けど、「鳥越氏ではなくあえて上杉氏に入れた」という人がこの期に及んで18万人も居たことの方は全く理解できない。どういう層なのこの18万人。




解説記事としてはコレ一つで十分というほどよくまとまっている。




ウナギはマスコミが新聞もテレビもすべて「土用の丑の日です!ウナギ食べないと!!」って煽ってる以上どうしようもない。

ぶっちゃけマスコミが「土用の丑の日!今日はウナギを食べる日!!」って煽らなきゃそれで完全に解決する話だし、それ以外の解決なんか無いでしょこんなん。

フジサンケイがウナギ食うの煽るのはまだ仕方ないと思える(常時「そういうメディア」扱いされているから)けど、でも朝日毎日系列は意識の高さ売ってんだからスポンサーを失ってもウナギの絶滅に警鐘鳴らさないとダメなんじゃないですか。

「ウナギを食うのは暴力団に資金提供するのと同じ」まで来てるが、そこまで行ったなら「どうせ食おうが食うまいが暗躍してる中国マフィアが取りつくすことに変わらないので今のうち食っちまおうぜ」になると思う。



ウナギを始めとして水産資源保護についていつも思うんだが、水産庁がネットで言われてる通りに資源保護(=禁漁拡大)に本腰入れるとして、そうすると確実に漁師が「自民党は俺たちを殺そうとしている!!」と確実に叫ぶわけだけど、その時にオレらはちゃんと行政側を支えられるのか?という。

そうなった時、この国の世論は確実に「そうだ漁師を守れ!アベ政治を許さない!!」と(主にマスコミに煽られて)叫びだすと思うし、だから水産資源保護なんか絶対無理だと思ってる。

「イギリスがEUの漁獲制限受け入れたら他国の船に根こそぎ取られた、脱退しかない」って話がこないだあったばかりだからな。



「絶滅したらウナギで商売してる人間は困るはずなのに、何でウナギを売るのを止めないのか?」って言われても、「来年失業するのと今日失業するの、どっちがいい?」と言われて「今日失業する」を選ぶ人が居ないからでしょう、としか。



etc.

ここ半年ぐらい、リアルでは「ピーターの法則とマネジメントスキルについて」「プログラマに対して出世報酬としてマネジメントの座につけることで失われる生産性」というものをひたすら考えてる。これに関しては、端的に言って「こんな世の中は間違っている」としか。

「プログラマとして無能な人にマネジメントされたいのか?」という反論もあったけれど、結局のところ「マネジメントスキルの無い人にマネジメントされるより万倍マシ、そもそもマネジメントされる時にプログラムスキルの有無は意識されない」という結論になった。



別に金融政策と財政政策は矛盾しないというか、むしろ両輪なのだから、野党、特に共産党なんかは「資本家の豚は肥えらせてから食え」式に「金融政策で増えた分を財政で再配分する!」と主張すれば良さそうなものなのに、何で十年一日の如く「企業の内部留保を吐き出させる!」と言っては「いや現金で溜め込んでるばかりじゃないので吐き出させたら皆失業しますよ」と突っ込まれるのを繰り返すんだろうか。

…っていうのを考えていたんだが、単に「安倍政権誕生時に、何も解らないままとにかく『アベノミクス=金融政策=格差拡大』と位置づけて雑に全否定しちゃったから自縄自縛に陥ってる」というだけの理由だよな…。



選挙立候補の供託金に関して「金を集められない貧乏人は選挙に出るなってことか!?」って怒ってる人を定期的に見るんだけど、3千人から千円ずつカンパ集めれば済む程度の金も集められない人がどうやって数十万や数百万の票を集める気なのか。



学校が二期制になって夏休みが1週間短くなると、定番の「8/31に宿題に追われる」的なネタが共感というより「そういう時代もあったらしいね」という受け取り方されるようになるわけだなとふと思う。

でも「8/31に宿題に追われる」があるあるネタとして定番化してるのはサザエさん・ちびまる子・ドラえもん辺りで、元々平成の世を描いたものではないからあまり影響ないのかもしれん。平成を描いた代表であるところのクレしんは幼稚園児だらハナからそんなシーン無いし。

暗殺教室でもそういう話があった記憶無い(あったっけか)し、そもそも現代劇で「ぐーたら生徒」みたいなキャラが主眼の話は成立しにくいかもしれない。今時共感得られない。



オッサンがプリキュア見てる程度で「異常だ」「キモい」言ってるようなのが、同じ口で「障碍者への理解が足りない」「社会の多様性が」とか言ってんだから日本の反差別なんてちゃんちゃらおかしいとしか。


2016年08月07日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

<< 2016.08.04 - 16 | むなかた思考TOP | 2016.07.22 - 29 >>












管理者にだけ公開する