Win10再インストール備忘録。

Win7からWin10にアップデートして特に困ることも無く使っていたが、その際のゴミ的なもの(ドキュメントフォルダが二重にあるなど)がずっと残っていて気持ち悪かったので、Win10を再インストールした。

ので、備忘録。



1. 再インストール

Windows 10が不調!速攻でUSBメモリーから再インストールする全手順
http://pcfan.121ware.com/notice/929/

再インストールはMicrosoftのメディア作成ツールでUSBメモリに作成、そのままUSBメモリ中のセットアップを実行でできる。ただし、USBメモリにメディアを作るの(Win10のダウンロードとUSBへの書き込み)と更新プログラムのチェックにはそれなりに時間がかかった。2~3時間は見た方が良いのかも。

アプリも個人設定も引継ぎなしを選択。途中、Microsoftに送る情報をカスタマイズで設定できるので、全部切る。

Windows起動中からのセットアップによる再インストールのためパーティションをどうするかも聞かれず、間違ってインストール以外のパーティションもフォーマットされたらどうしようかと不安がよぎったが、Cドライブだけまっさらにして再インストールしてくれた。

プロダクトキーに関しても特に聞かれず。Win10に移行した段階でMicrosoftにPCの構成が記録されているため、(構成さえ違えてなければ)ネットにつないで自動で認証される模様。



2. SSD→HDD

Windows10でSSDの寿命を延ばす対策【第一回】
http://zakkinks.com/windows10_ssd_optimization/

Windows10でSSDの寿命を延ばす対策【第二回】
http://zakkinks.com/windows10_ssd_optimization2/

Windows10でSSDの寿命を延ばす対策【第三回】
http://zakkinks.com/windows10_ssd_optimization3/

Windows10でSSDの寿命を延ばす対策【第四回】
http://zakkinks.com/windows10_ssd_optimization4/

SSDの寿命も思ったより長くまだ延命対策が必要なのかもよく解らないが、どちらにせよOSのインストールドライブにゴミが溜まって使用容量が膨らんでいくのは気持ちが悪いので対策を打っておく(というか対策の打ち直しこそが再インストールの主目的)。

最低限、[ドキュメント][ピクチャ][ミュージック][ビデオ][ダウンロード][デスクトップ][OneDrive]をSSDからHDDに移せれば良いと思う。



Windows 7 で Chrome のキャッシュの場所を移動する
http://www.tipsfound.com/windows7/02013

ChromeのキャッシュもHDDに移動しておく。



3. 電源

Windows10パソコンの電源を完全に切るための方法まとめ!
http://kiyotatsu.com/pcinfra14/

Win10のシャットダウンは完全シャットダウンではないので、Winボタン右クリック→[電源オプション]から[高速スタートアップを有効にする]を切って完全シャットダウンにしておく。これをしないとキーボードに触れただけで起動したりする。何より「従来の感覚でシャットダウンしているだけではダメで、定期的に自分で再起動しなければならない」という状況が気持ち悪すぎる。

ついでにスリープも切っておく。



4. Thunderbird

複数のプロファイルを使用する
https://support.mozilla.org/ja/kb/using-multiple-profiles

Thunderbirdのプロファイル保存場所を変更してバックアップの復元をしようとするとき、ググると「profiles.iniをメモ帳で変更してチョチョイのチョイ」みたいな説明ばかり見つかるのだが、これがどうやってもできず書き換えてもプロファイルを認識せずに新規にプロファイルを作られた。

困った挙句「thunderbird.exe -p」でプロファイルマネージャから変更したら、すんなりできた。



5. DMMplayer

SilverlightとDMMplayerのインストールまでは何の問題も無くできたが、動画再生で認証が通らず(認証のためのパスワード入力画面すら出ず)途方に暮れた。Silverlightのリセットなど色々試した結果、右クリックから管理者権限で実行したら認証入力画面が現れ、解決。



6. Windows.oldの削除

Windows 10のディスク容量肥大を招く「Windows.old」はすぐ削除すべき?
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1508/18/news033.html

Windows.oldが作られるのはWin7やWin8からのアップデート時のみかと思っていたら、再インストールでも作ってくれていた。ディスククリーンアップからサックリ削除する。



以上。

ThunderbirdとDMMplayerのせいで徒労があったが、概ね楽に再インストールできた。ほぼ全自動。結果、30G程度だったCドライブが15G程度にスッキリしてくれた。

改めてドライバを最新にしようと色々探したが、サポート終了していたデバイスが多く、そっちの方で凹んだ。



2016.12.18 追記

MS、一部の「Windows 10」マシンでネット接続ができなくなる問題に対処
このアップデートを入手するにはまず、タスクバーの(左にある)スタートボタンを選択し、電源ボタンをクリックした後、シャットダウンではなく再起動を選択してPCを再起動する必要があるかもしれない。

[高速スタートアップを有効にする]を切って完全シャットダウンにしておく必要性があることの一例。

2016年12月14日 memo トラックバック:0 コメント:0

<< 2016.12.06 - 15 | むなかたの過去ログTOP | 2016.11.16 - 12.05 >>












管理者にだけ公開する