2016.12.28 - 2017.01.11

M-1 2016を消化する。

カミナリ。なぜか今月入ってバラエティでよく見るようになったのでM-1で見るより先にネタの傾向を知っている。思いのほかちゃんと漫才のネタが面白い。

銀シャリ。M-1後に何回か流れたネタなので初見ではないのだが、やはり上手いなぁと思う。

スリムクラブ。久しぶりに見たな。2010年で爆発したときに比べて、「間の切れ味」が無くなってる気がする。言葉のチョイスは上手くなっているんだが。脚本面でのネタは面白くなってんだけど、その演じ方が雑になったというか。

最終決戦。スーパーマラドーナ。上手いテンドン。なるほどこれはスーパーマラドーナが獲ってないのはおかしいという意見が出るのも解る。

まぁ、でも、やっぱりこれは銀シャリでええわ。納得するしかないわ。


「銀シャリがM-1獲った」というのは、意義があると思うんだよな。「笑いの数論」にブレて変な感じになって一旦終わったM-1が、復活して「面白い王道漫才を評価した」というところに回帰するという。

M-1が「笑いの数論」でおかしくなってた頃に釘を刺したのが、2010年のスリムクラブだったなそういえば。「とにかく持ち時間の中で笑いの数を多くブッ込んだ奴が優勝する、笑いの大きさは問わない」という中で、あの「間のツッコミ」を持ち込んだ。

そういう意味で、今回スリムクラブがイマイチだったのも興味深かったなと。


「M-1、2時間半番組だけどネタ以外飛ばしてみたら1時間ぐらいちゃうの?」と思って見たけど2時間ぐらいかかったな。意外。



最近のフジテレビ。

「人気芸能人にイタズラ!仰天ハプニング120連発」見てるけどもさぁ、なんつーか、ドッキリ系の番組がなんかすっげぇチャチい上に小馬鹿にして嘲笑するようなもんしか無くて局どこだよと思ったらやっぱりフジテレビで、なんつーか。

やっぱり、ヤバいよフジテレビ。

フジテレビのヤバいのは、韓流がどうのとか偏向がどうのとかそういうことじゃなくて、単純にドラマやバラエティのセンスが滅茶苦茶悪くなってるとこなんだよなぁ。「面白くて笑う」というより「くだらなくて苦笑してる」って感じなんだよなフジテレビのバラエティ。

TBSは報道なんて滅茶苦茶偏向してるけど、ドラマやバラエティは普通に面白いわけでさ。

昔のドッキリマル秘報告とかは大御所芸能人引っかけたりする面白さがあったりしたけど、今はイジメてもいいようなお笑い芸人イジメて嘲笑してるだけだもんな基本的に。

でもまぁ、単純に金が無いんだろうな。だから大御所芸能人をこんなバラエティに使えないし、若手お笑い芸人に頼り切った感じになるんだろうな。



年始の買い物。

GEOでスマホ用VRゴーグルが1000円で置いてあったので買ってみた。思いの外ちゃんと見える。


VRゴーグルでとりあえずVR用脱出ゲーなどしてみる。良い。

VRで3Dでエロ見ても、思ったほどエロくないな…。

3Dテレビでもこんな感じだったとしたら、そりゃ3Dテレビ普及しなかったのも納得行くというか。やっぱエロをパワーアップさせるのは3Dじゃなくて大きさと高精細なんだなというか。

「女体が飛び出して見えても別段エロさに寄与しない」ということを確認できたというだけで、千円出してVRゴーグル買った価値はあった。



etc.

京都ぐらいの(景観のために建造物に規制かけてる)観光地が規制取っ払ってビル建てましょうって話なら批判されても解るが、そうでもない土地が住民の利便のために開発するのを「俺がお前のとこに求めてるのはそんなことじゃねぇ!(今までもこれからも行かないけど)」と言うのは、普通クレーマーと言いますな。



通り魔的な事件に対する「何故誰でも良いと言いつつ弱者を狙うのか?」については「誰でも良いからこそ確実に殺せそうなのを狙った」以上の話にならなそうでなぁ。



前に「犬を飼うにはこれぐらいお金がかかります」っつーツイートか「貧乏人は犬も飼うなと!?」と炎上したけど、そんな金も分別も無い人間はやはり犬なんか飼ったらダメだろう。



武蔵から「あんなに強いの小次郎じゃない」と言われる、FGOでの佐々木小次郎を名乗る佐々木小次郎じゃない農民。 #何者



fateの「真名バレたら弱点もバレるので真名は伏せる」という設定、アキレスの例だけで乗り切られてるけど、実際のところ真名解ってもどうにもならない英霊ばっかだと思う。



何度も何度も何度も言ってるけど、マルハンみたいなとこが新規業態としてカジノに手を出すことはありえても、そこらの既存パチンコ屋が「新装オープンで今日からカジノになりました」とか、無いから。一体パチンコ屋を何だと思ってんですか。

「パチンコ屋が新装でカジノになる」って、「ほっともっとがある日看板架け替えて『ウチ、今日からミシュラン三ツ星レストランだから』とか言い出す」ぐらいのこと言ってるからね。

カジノにはどういう設備・スキル人材が必要で、今のパチンコ屋はどういう設備・人材で回ってるかって考えたら、「パチンコ屋が新装開店でカジノに変身とかありえない」って数秒で解るでしょ。



BuzzFeedはガチ取材で当事者に話を聞きに行き、J-Castは軽めの話で気軽に話を聞きに行く、みたいなイメージある。突撃するにも得意分野っつーか。



「では、そのうち飯でも」は社交辞令なのかガチで飯食いに行きたいのか、下手すると言ってる本人すら明確じゃなかったりするので、基本的に「いつにしますか?」という反応があるのは仕方ないと思う。



「ドライブスルーを全力でスルーしてみた」の頃からの規定路線とはいえ、「コンビニでおでんツンツン」「ヤマトでチェーンソー振り回して恫喝」とは随分事態が悪貨したなという感想。



「儲からなくても赤字でも、『スキルが身についた』という自己満足があればそれで良いじゃないか!」なんてのは、独身ならまだ許されても家族持ったら許されるこっちゃない。



シンゴジラとか君の名はとか、大ヒットした作品があると毎回のようにガバガバな難癖付けて当然のように反撃食らって「批判も許されないのは異常だ」とか「ファシズムで危険だ」とか言い出すアレな人が必ず出てくるわけだけど、そういうただの逆張り天邪鬼が手放しで賞賛されて批判されない方がよほど異常で危険だと思う。



「経済成長なんかより分配を主張するのが正しい庶民だ」みたいなこと言うんだったら、朝日毎日が消費税増税を主張してるのなんか真っ先にフルボッコにするのが正しい庶民のあり方だと思う。

普段財政破綻を煽りながら緊縮増税言ってるくせに、経済成長否定するときだけ「庶民が国の収支なんか考える必要は無い、ただ求めよ」みたいなこと言うんだよなぁ。



「都民ファースト」って「都議会・自民党vs都民」という対立があるという前提の言葉であり小泉氏の「自民党をぶっ壊す!」とほぼ同じだし、都知事がそんな言葉を使える場面なんかほとんど無いはずなんだけどな。


2017年01月14日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

<< 2017.01.12 - 18 | むなかた思考TOP | 2016.12.16 - 27 >>












管理者にだけ公開する