2017.01.19 - 30

もう「誰が言ったかではなく何を言ったか」という時代でもない。

「誰が言ったかではなく何を言ったか」とはよく言うものの。全てが全てのケースで適用されて良い話ではなく。

要するに、オピニオンにおいては「何を言ったか」が重視されるべきだが、ファクトにおいては「誰が言ったか」をよく見て真偽判断をしなければならない。

また、オピニオンにおいても「誰が言ったか」を追うことで真意を読解することが容易になる。

というわけで、1ツイートが切り出されて飛び交い、デマも横行するTwitterでは、むしろ「誰が言ったか」を積極的に重視しないとダメだよな、というお話。

この言葉が出てきたのは2chであり、「誰が言ったか」に意味が無かった。そもそも「誰が言ったかではなく何を言ったか」という言葉自体、特殊状況でのみ有効であった、と思った方が良い。



「『ウソをウソだと見抜ける人でないと難しい』という格言はもう賞味期限切れ」という意見に同意の声」をお気に入りにしました。

これは今目に入ったのだけど、「ウソをウソだと見抜ける人でないと難しい」も今朝の話と一緒でそもそもが2ch限定での話だよな。2000年代の日本のネットが二アリーイコールで2chだった時期があったのが、色々と誤解というかリテラシーの齟齬を生んでる気がする。

2chの文化というのは一言で言えば「名無しの言うことを鵜呑みにすんな」で全て済んでしまうのだけど、それをメディア各社や著名人がフラットに入り乱れるTwitterのような場に持ち込んで上手くいくわけが無い。

逆に言うと、2chは「名無しの言うことを鵜呑みにすんな」があったからこそソース至上主義でもあったわけだな。

今のSNSにおいては「誰が言ったかではなく何を言ったか」「ウソをウソだと見抜ける人でないと難しい」ではなく「ウソは見抜けない前提で、ウソをつかなそうな人を選んで話を聞きましょう」じゃないとダメだと思う。

だって2chと違って発言者の個別認識できるんだもの。

「ウソは見抜けない」というか、「1件をウソかどうか判別するのはそう難しいことではないが、情報量が膨大になりすぎて、いちいちウソかどうか検証しているだけのリソースは無い」ということ。



「清貧」。

「清貧」ってどういう意味なんでしょうか?
「貧しい生活」となっても、「正しい行い」を選択するとき「清貧に甘んずる」という語句として「清貧」という言葉がある
最初から「清く、正しい生活」=「貧しい生活」と結びついたものとして「清貧」とという言葉があるのではない。

「行いが清らかで私欲がなく、そのためあえて貧乏であること」ですかね
ただ貧しいだけでは「赤貧」といいます。

だよなー。

今は因果関係が逆になって使われるよな。「物質的には豊かになったが精神的には貧しい」という印象論からの、「貧乏だから正しくなるのだ」「だからお前らは貧乏になるべきだ」という。バブルの頃からその傾向があって、東日本大震災以降、特にその傾向が強くなった。




豆腐や大根がダメなら何を入れるんだよ…。

こういうの、「具」の問題じゃなくて「火を通しすぎてグッチャグチャになる」とか、そういう料理の腕の問題だと思うんだけどな。サッと火を通して味噌汁で食えば美味いものも、煮込んでしまうからクッソ不味くなる。

オレも昔、さやえんどうがそういう理由で苦手だった。味噌汁で煮込まれて筋だけが残ったようなさやえんどうの不味さは異常だった。

料理が下手な人、基本的に「味噌汁を煮込み料理だと思ってる」という共通点があるような気がする。ミネストローネみたいにひたすら煮て台無しにする。

下手な料理を食べて嫌いだと思い込んでたけど、一人暮らしで自分で料理してみたらどれも美味かった、というのがいくつもある。さやえんどうとかそうめんとか。

ブロッコリーもだな。ブロッコリーほど火の通し方で味の変わる食材も珍しい。

ゴーヤは逆にちゃんとを火を通せば苦味も和らいで青臭さも消えて美味くなる。よくレシピには「ゴーヤチャンプルはサッと火を通してシャキシャキにしましょう」みたいに書いてあるけど、あれは大嘘。それが解るまでかなりかかった。



AI。

「機械学習によって得られる、最適化されたモデル」を「(人口)知能」と呼ぶのは何か違うんじゃねーのかなぁ、という気がしてならない。結局のところブラックボックスの最適化に過ぎないわけで。

「ニューロンモデルの集合によって作られているものなのだから知能だろ」と言われればそれはそうなのだが、そういう文脈の「知能」とニュースで報じられて一般の人が想像する「知能」は違うものだろう。

もっとハッキリ言語化すると、機械学習には「正解・不正解」や「報酬の設定」が必要なわけだけど、「何が正解で何が不正解か」を判断することこそが一般的に言うところの「知能・知性」だと思うわけだ。機械学習にはそれが無い。

そういうことを、こういう「それ、AI要るんか?」みたいなニュースを見ると考えてしまう。



etc.

格ゲーに必要なのは反射神経とか動体視力なんかより長時間の集中に耐えられる体力だな。それが本当に衰えた。



格ゲーやってると、相手があと一撃のところでダウンした瞬間に、「今まで散々めくりJ小Kからの攻めをバラ撒いてきたから、ここで相手の起き上がりにこちらが着地するぐらいの早いタイミングでジャンプしてやれば相手は必ずリバサで真昇竜をぶっ放すので、それをガードして大K入れてオレの勝ち」…ぐらいまで読めて、そして実際にその通りに勝てる一戦があり、そういう快感を体験してしまうと辞められなくなるのよな。相手のぶっ放しがこちらの思惑通りに発動するぐらい楽しいことは無い。

逆に、「お互いあと一発」ぐらいの乱戦状態でちょっとテンパってガチャガチャやったらラッキーヒットして勝ってしまう、とかだと相手に申し訳なく思う。



ここ数年の政治(運動)の動きって、要するに「我こそが被差別者であり弱者でありリソースを受け取るべき者だ!お前らは強者なんだから勝手に耐えて死ね!!」というマウントの取り合いだよな。大抵のことはこの枠内に収まる気がする。



東京から新幹線乗るたびにとりあえずグランスタ寄って車内で食うもん物色するが、毎回物価の高さにドン引きしてそのまま去る。

千円で買える弁当がほぼゼロとかパン屋で買うようなミートパイが1つ400円とか何なのあそこ。



酌という文化、本当に無くなれば良いのにな。内心嫌々注いで、それを「あぁ、嫌々やられてるんだろうなぁ」と思いながら内心嫌々受けるって、一体何なのだろうか。ジョッキで飲む生ビールはあんなに美味いというのに。酒への冒涜だよ。



ニンジャスレイヤー実況アカウントを削除して(というか削除させられて)みて改めて思うけど、やっぱりTwitterというのはその場限りのコンテンツであって、そこでの発言を残そうとしたらそれなりにリライトするなりして形を整えてブログに載せ直すのが重要だなぁと思う。

Twitterはやっぱロガーとして使うにはあらゆる面でダメダメだよ。いつBAN食らうか解らんし、検索システムもなってないし、自分の発言内容もノイズ(後で見直すと意味不明にしかならない実況とか)多すぎるし。


2017年02月05日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

<< 2017.01.31 - 02.09 | むなかた思考TOP | Win10グラボ交換備忘録。 >>












管理者にだけ公開する