2017.05.06 - 16

「無限の住人」、前回感想の続き。

「木村拓哉主演の三池崇史監督作品「無限の住人」がチャンバラ好きなら大満足の出来過ぎて大絶賛の嵐」
「実写版無限の住人、否定的感想中心まとめ」
肯定的感想まとめと否定的感想まとめ、結局言ってることは「キムタクは良かったが脚本があまりにもクソすぎた」に集約されるので、とても納得している。


無限の住人については、繰り返しになるけど、Twitter検索すると「キムタク最高!」みたいなキムタクファンのツイートしか出てこない(つまり、話の中身については語られていない)というのが全てだと思う。

良くも悪くも、とてもキムタクがかっこいい(だけの)映画だった。

主演がキムタクでなければ1週間も持たずに忘れ去られた映画だったと思う。


逆に「(どこで言われたDisなのか知らんが)キムタクは何やってもキムタク」とは全く思わなかった。これだけ万次がちゃんとやれていて「キムタクだ」と言われても「そりゃキムタクですから」としか言いようがない。

万次が凜に対して「待てよ!」と言う場面が数回あるのだが、脚本がどうもキムタクに「ちょ、待てよ!」と言わせたがってるのに対して、キムタクが意図的にそうは言わずに万次に徹してかわす、みたいなのを感じた。

ので、「キムタクは何やってもキムタク」とは逆にこの作品では思わなかった。

HEROと無限の住人見て「キムタクは何やっても同じ」と思ったら、さすがにどうかと思うよ。


万次の「不老不死だけど最強無敵というわけではなく斬られまくるし斬られたらキッチリ痛い」というキャラがちゃんと忠実に終始一貫して演じられており、そこはとても好感持てた。キムタクがちゃんと原作読み込んで演技したんだろうなぁと思う。

逆にそれで「万次、不死身だけど弱すぎw」みたいなDisが見られるが、要するに脚本が説明不足すぎるのだ。



ゲームの課金について少し盛り上がっていた。

マリオランがたった1200円でフルボッコの憂き目にあうんだから、そりゃ皆ガチャで稼ごうとするわなぁ、ってのは思う。

ガチャ課金の是非の前に、買い切りで要求される額を払えるゲーマーが絶滅したというのが先。

なので、「ゲーマーに金を請求するのを諦めて、払える人に払えるだけ払ってもらうことにした」というのがガチャ課金方式。よって「ガチャ課金の是非」の前に「ガチャ課金以外にビジネスモデルが残ってない」という話があるべき。

ソシャゲーのガチャは基本的には「新しいキャラが引ける」というものばかりで、育成にはやっぱり時間がかかるので「お金で時間を買う」という表現は当たらないと思う。「金で育成時間を買う」って話が当てはまるの、ソシャゲーじゃなくてMMOじゃないですかね。

あと「スタミナを金で買ってイベント走る(=スタミナ回復時間を金で買う)」というのもあったけれど、今はむしろスタミナ回復アイテムは潤沢に配っていたり、下手するとクエストやるのにスタミナ消費無し、まである。少なくとも黒猫ウィズとFGOでは、そう。

ガチャ課金のソシャゲーは本当にガチャを引くことにのみ金を払って、他の要素には金払いたくても払えない、みたいな感じ。

ガチャゲーの年齢制限に関しては「既にGooglePlay側で実装されてるのでどうぞお使いください」で終わってしまう。知られて無さ過ぎる感はあるけども。

ガチャ1回の値段が高すぎる件については、オレもそう思う。もう少し薄く広くにバランス取っても良いと思う。



基本無課金勢だからってのもあるけど、昔から今に至るまで「金を払うことで時間を買える」みたいなゲームは実際のところちょっと記憶に無いんだよなぁ。

「金でパワーアップできるので育成する時間をカットできる=時間を買う」という理屈は解るんだけど、その理屈が実際にどのゲームで実装されていたか、というところがピンと来ない。

DMMのアクメテエロス(エロゲ)なんかは「イベントではひたすらスタミナ回復アイテムを買って稼ぐ」という感じだったけど、こういうのは完全に「札束での殴り合い」だし、札束で殴る(=イベント走る)のも時間かかるので「時間を買う」どころかむしろ時間がかかっている。

「課金で時間を買う」と言っても「ゲームのプレイ時間を買う」と「無駄なプレイを省くことで自分がゲーム以外に使える時間を買う」の2通りある。

アクメテエロスみたいな数百人(下手すりゃ数十人)しか居ないようなゲームで札束で殴るのに参加してる人は凄すぎたと思うけど、参加人数の多いゲームで死ぬ額積むよりは人の少ないゲームでそこそこの金額で承認欲求満たせた方が得なんだろうか。

イベント賞品のエロシーンが結果的に1つ数十万円ぐらいだったのではないかなぁ。時間までは奪わない分、ガチャの方がまだ良心的な気がしないでもない。



etc.

映画って、ハンパに小奇麗にまとめられて全く印象に残らない佳作よりは、クソ方向に吹っ切れてもらった方が「話題賃」として映画代の元取れた気がしますね。



「漁獲制限しろと気軽に言うのは良いけど、その場合に誰がどうやって漁師の生活を保障するの?」とはオレもずっと言ってる。

安倍政権で漁獲制限したら、野党は確実に漁師の生活と食生活を人質に取って安倍政権を叩き始めるからね。そのときに国民が政権のケツ持って支えてやらなきゃならんよ。でもそうはならないでしょ。だから漁獲制限は「世論によって」無理だと思ってる。



感情優先で公共事業無駄だと叩き潰してみたら代替になる再分配システムも無くて「再分配がー」言ってるわな。馬鹿馬鹿しい。

再分配がーとか言う前に「公共事業は無駄じゃありませんでしたごめんなさい」言う方が先だろう。

公共事業は「雇用を作ること」自体が主目的であって「何を作るか」は副産物、ぐらいの理解で良いと思う。その副産物が無駄に見えたからと言って主目的ごと潰すんだからアホやなぁと。



FGOが、というよりスマホ全般が異様に重くなってて、とりあえずFGOを軽くする方法調べたら「Androidのキャッシュをクリアしろ」とあり、やってみたら劇的に軽くなった。キャッシュが1.5Gもあったぜどうなってんだ。



「国の借金を国民の頭数で割ると、一人当たりの借金はこんなに!」という煽りに対して「おたくの会社の借金を社員数で頭割りすると、おたくの社員一人当たりの借金は1億ですが何か」というのは良い返しだな。


2017年05月20日 Twitterまとめ(映画含) トラックバック:0 コメント:0

<< 2017.05.17 - 25 | むなかた思考TOP | 2017.04.26 - 05.05 >>












管理者にだけ公開する