17.11.08 - 16

最近のスマホゲームの話。

アズレンやらずに言及しまくるのも申し訳無いんだけど、「FGOに比べてアズレンは神」みたいなの、実際に比較されてるのは「FGOとアズレン」ではなくて「サービス後期のソシャゲーとサービスインしたてのソシャゲー」じゃないのかと思う。

FGOとかで「イベントごとに数十万使わされてる!(使っている、ではない)」みたいなこと言うの、「またまたご冗談をw」としか思えないんだけど、ソシャゲのサービス終了するたびに「貢いだ額が1000万円超えてる証明スクショ」とか出てくるから、マジなんだろうな。

ガチャは引くにしても爆死するにしても自己顕示の材料になるので、そこが元凶であってゲーム側にはさほど問題が無いと思ってる。アル中患者と酒の関係性ぐらいの話。

「プレイヤーに自制心が無さ過ぎて無限に金をつぎ込んでしまう」というのをゲーム側の責にするのは「アル中患者が『酒が美味すぎるのが悪いんだ!不味くしろ!!』と言ってる」みたいなもんで、(行政がそれなりに機能している限りは)あまりまともに取り合ってはいけないと思う。

ただ、行政が機能したところで「コンプガチャを規制した結果、より排出率を絞る」という方向にしか動かないので、面倒くさい。



黒猫ウィズはFGO始めてからやってないから、もうかれこれ2年は触ってないし、今から戻ろうにも2年分のインフレについていける気がせんな。

「黒猫ウィズ」で検索してももはや誰も話題にしとらんな…。

黒猫ウィズ、難易度インフレが酷すぎて2年前時点ですら今のFGOがぬるく感じるぐらい通常戦闘がタルかったもんなぁ。敵を強くする以外のアップデートが出来ないゲームはアカン。

シャドバ、「ソーシャルでカードゲー対戦が出来る」っつーと物凄く面白そうだと思うんだが、同時にそれがどれくらい修羅の道になりそうなのかも想像付くので手を出すには至らない。

向こう1年ぐらいでFGO以外で面白かったスマホゲーっつーと「Q」「Yellow」「Lara Croft GO」「ヒットマンスナイパー」ぐらいだろか。「Yellow」と「Lara Croft GO」はマジおすすめ。

ここ2~3日、「英単語ゲー」みたいなものをいくつか試したんだが「スマホの音量設定に関わらず大音量で英単語を読み上げる」というクソみたいな仕様のものばかりで諦めた。

ドラクエライバルズ、概ね「内容は悪くないがそれ以前にゲームできねぇよ」という低評価のようなので、落ち着いたら化けるかもなぁ。



解雇規制撤廃・雇用流動化

雇用流動化(=解雇規制撤廃)論者の「解雇をしやすくすると給料が上がる」というロジックは、完全に理解された上で「いや実際にはそんなことにはならねーから」って言われてるんだけど、雇用流動化論者だけが「ロジックが理解されてない!」って何年も言い続けてる。

給料を上下するのは「解雇規制緩和」ではなくて「労働市場を売り手市場にすること」だし、解雇規制緩和で失業者増やして買い手市場にしたら普通に考えて給料は下がる。

雇用流動化論者は「解雇しやすくするとその分雇いやすくなるから労働市場は売り手になる」というロジックだけど、雇用の動機が「解雇しやすくなる」ならそこで増える雇用は「解雇される人」の数を上回らないはずで、どう考えても買い手市場になる。

労働市場を売り手市場にするには「好景気で人手が足りない、金は出すから来てくれ」という状態しかありえないです。「首を切りやすくなったから人雇おーっと」だと「二人の首を切って一人雇う、一人分の人件費浮いて良かったね」という話にしかなりません。

で、ここから先の反論は見たことが無いです。

解雇規制緩和&雇用流動化で起こるのは「高スキル人材の奪い合い」と「大多数の人材の飽和による労働買い手市場化」だと思いますけど、前者に関しては既に海外に引き抜かれまくってますし、後者は民主党政権下に皆散々骨身に沁みたやつで、一体そんな状況を誰がありがたがると思ってんだろうかと。

https://twitter.com/mousukosikane/status/928136797174902784
うん。

んで、雇用流動化論者の頭の中では「解雇されてもすぐに他が雇ってくれるから問題無い」ということになっているのだけど、「歳相応に給料が高くなったから」という理由で放逐された人を誰がその給料で雇うんだ?という。結局給料下がらざるを得ないでしょ。



VR動画。

「3Dテレビより4Kテレビの方が立体感がある」というのと同様、VRも画質が落ちるので結局普通の高画質の方が迫力あったりする(実写の場合)んだよなぁ。まぁVRのこの辺は技術進歩でクリアされると思うけど。

普通のテレビ1画面の情報量を1とすると視差による3Dテレビは結局のとこ2未満の情報量だから4Kの情報量の方が上なのは当然(だからより立体感が感じられる)だし、VRも4Kぐらいの情報量を小分けにして提示してるわけだから、そりゃまぁ、なぁ、という。

この辺、PSVRなら小分けじゃない(と思う、触ったこと無い)から根本的に話が違うのだろうけど。

動画サイトで見るような「360度カメラの四方にセクシー女優を配置してそれぞれエロいポーズしてる」みたいなVR動画、もう凄く「VRという技術に対して何したら良いか解らんけどとりあえずそれっぽいことしてみました」感がして良い。黎明期だ。

「右見ても左見ても何かエロい女性が居る(けども画質が悪すぎてよく解らない)」みたいなの。



日本製/中国製。

https://twitter.com/hiyoko_taisa/status/930941390342651904
昔メイドインジャパンが「安かろう悪かろう」の代名詞から「高品質品」の代名詞になったようなことが、今メイドインチャイナで起きてるところなんだろな。

日本は技術者を奴隷扱いして中国に高待遇で引き抜かれてんだから、今のメイドインチャイナが往年のメイドインジャパンレベルの品質になってメイドインジャパンがまた「安かろう悪かろう」に戻るの、当たり前じゃないんですかねぇ。

「何で日本はこんなに落ちぶれたのか」みたいなの、「東芝 チャレンジ」で検索した結果眺めるだけでも痛いほど理解できるよ。「むしろ何でこんなんで落ちぶれないと思ったの?」レベル。

東芝のチャレンジ関連の記事眺めてると「こんな決算は恥ずかしくて公表できない」とか「経団連会長への執着」みたいなパワーワードが出まくりでクラクラしてくる。



etc.

貧困だ何だと言われる割にガチャには数百万当たり前につぎ込むやつがゴロゴロしてるのは、要するに「お金が偏在していて、しかもその偏在の仕方が感覚とは全然違うところにある」みたいなことなんだろうなぁ。



ネットスラングみたいなものでも「マナー違反」や「俺が気に入らない」程度のものを「犯罪」と呼ぶの、マジでやめてくれねぇかなぁと思う。「ツイ消しは犯罪」みたいなのも、面白がって言ってるうちにマジになってデマも消されなくなって自分達の首が絞まるんで。



昨日の水曜日のダウンタウンで「アキラ100%はハイスピードカメラだったら見えてる説」というのをやっていて、それで実際ハイスピードカメラでは「見えた」のだけど(クッソ面白かった)、冷静に考えると物凄い暴露をやっていたのではないかと思う。

1つは「アキラ100%はガチでやっていることを証明した」ということで、この点については「アキラ100%の営業妨害(by松本人志)」どころか「すげーなー」としかならなかった。

で、もう1つは「実際にカメラの目の前で行われていることはどんアウトだけれど、それが『カメラが30フレーム/秒だからたまたま映らずセーフになっている』という理由で普通にお茶の間に流れている」ということで、考えれば考えるほど「なんじゃそりゃ…」という感じがする。



例えば「Windowsで削除したファイルも元に戻せる」という言葉も、初心者相手なら「ただ削除しただけならゴミ箱にあるから」になるし、それなりに知ってる人相手なら「削除してもアロケーションテーブルから削除されているだけでHDD上にファイル本体は残っているから特別なツールで復元できる」みたいな話になるわけで、聴衆のスキルや知識のレベルは話の内容を左右するレベルで重要だよな、ということをふと思った。



旭川にある有名な動物園が「旭山動物園」なの、かなりトラップ感ある。



ちりめん山椒、茶漬けにするとクッソ美味いけど、そのまま食べて酒のツマミにするには辛すぎる。



トネガワ45話(6巻最終話)、「部下が自社の公式アカウント炎上させるも、荒らしてるのは5人だけと看破」「さっさと謝罪して負けてやれと的確な指示」「それでもミスった部下に対し、自ら進んで謝罪文を書く尻拭い」と、利根川先生があまりに上司として理想的過ぎて震える。


2017年11月21日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

<< 17.11.17 - 30 | むなかたの過去ログTOP | 17.10.27 - 11.07 >>












管理者にだけ公開する