18.05.17 - 31

「鬼灯の冷徹」読んだ。

今頃初めて「鬼灯の冷徹」読みましたけど、ギャグ漫画だったんですねコレ…。

字面と表紙絵で何となく「鬼滅の刃」みたいなのだと思ってた…。



鬼灯の冷徹読んでて、「あ、この人岡田あーみんの影響メッチャ強いわ」と思って調べてみたら案の定だよ。

第7話のラストページなんか、完全に岡田あーみん作品の絵面だもの。

「お前はまだグンマを知らない」を見た時の感想が「こんなにストレートに島本和彦の影響受けた漫画家初めて見たわ…」だったのと同じくらい、鬼灯の冷徹読んだ感想が「こんなにストレートに岡田あーみんの影響受けた漫画家初めて見たわ…」なので、岡田あーみん好きだった人は読んでみると良い。

岡田あーみんが漫画家辞めて20年、いきなりこんなフォロワー出てくるとは思わんかった。



etc.

就職してですら「責任ある大人」になれるほどの資本が与えられない事が問題なのであって、という。

本来・従来は学生が就職して仕事をしていったら収入が上がって、収入が上がるから年齢に応じた冠婚葬祭や人付き合い(→結婚・出産)ができるわけじゃないですか。で、その「年齢に応じた冠婚葬祭や人付き合い」を「責任ある大人」と称するのだと思うんだけどね。

「正社員になっても収入がバイトと大差無い、下手するとそれより落ちてるので年齢相応の支出が出せない」というのはもう「若者が責任ある大人にならない」ではなくて「社会が若者を大人にしない・できない」として差し支えないと思いますよ。



「IoT」って曖昧というか指すものが広すぎて、再定義せずに「IoTを使って」みたいな話をすると各人で想像するものが大きく食い違う可能性が高いな。

「細かいものにセンサー取り付けてデータを集める」「工場の自動化」「AmazonDashみたいなもの」これら全部「IoT」で括って話をするのは無理がある。



ガリガリ君リッチのチョコミントは良すぎるのでレギュラーメニュー化して欲しい。



「ヒカキンがテレビでも人気あるのは他の芸能人と違って芸能界の裏の臭いがしないから」みたいなのを見てちょっと納得した。確かにヒカキンぐらい「一般人が活動始めて売れるまでの一部始終」が透明化されているタレントは居ない。

誰も見たこと無いような芸人がある日突然「今、世の中ではこの芸人が大人気ー!!」とか言われて出てきたりしてないもんな。



成果主義成果主義って言うけど、別に今でも実績に応じて給料上げるのは自由なんやで?本当に成果主義やりたいならいくらでも上げてええんやで?っていつも思う。

「成果主義」がやりたいんじゃなくて「成果主義を名目にした人件費のコストカット」がやりたいだけなのがあまりにもバレバレなんだよなぁ…。そして、そんなのをもう20年ぐらい前からずっとやってる。



「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言うけれど、実際のところ経験に学べればだいぶマシで、普通は経験したことですら忘れてしまう。愚者はそもそも何からも学ばないし反省もしない。



金田一とかコナンとか、メッチャ手の込んだトリックで数人殺す動機が大抵復讐なんだけど、復讐だったら普通に殺して警察に捕まるで良くないか。完全犯罪狙っておいて「私の人生なんかどうでも良い」とか言われるのスゲェ違和感ある。

完全犯罪狙うんだから、動機は私利私欲の方が納得できる。捕まるのなら殺す意味無いわけだから。

それはそれとして、金田一少年の事件簿の最初から3つの事件分がKindleで無料だったから久しぶりに読み返したけど、かなり面白かった。



労働問題における「本人の同意が必要だから」って、何の意味もないよなぁ…。「ハイと言え!」「アッハイ…」で終わってしまうもんなぁ。

「労働者の同意が必要だから大丈夫」に対しては「今でも労働者には辞める自由が常にあるけど過労死は起こりますよね?どうしてですか?」で終わり。



消費税増税で解ったことは、「小売各社、特にコンビニは消費税増税のどさくさにまぎれてかなりの値上げをする」ということ。消費税が5%→8%になってコンビニのおにぎりやアイスが10%~20%ぐらい値上がりした。今100円で買えないもんな。

セブンのシュークリームもちょっと前まで100円だったけど、今130円だしな。

それらがバイトの時給に反映されて景気が良くなってるのならいくらでも我慢するけどどうなのか。…というと、2014年から1割程度は実際上がってるらしい。なら仕方ないな。

デフレ脱却と値上げはほぼイコールなので値上げ分が人件費に跳ね返るなら我慢するしか無いけれど、それがデフレ脱却とはほぼ真逆の消費税増税の便乗により行われるってのがなんだか物凄く釈然としない。

消費税増税便乗値上げ、そもそも「便乗で値段を上げられた」と気付いてない人の方が多いのかもしれない。他の普通の値上げと違って「今日から○○が値上げ!」と大々的に報道されることも無いしな。



「どこにでも適応できるような協調性」なんてのはそもそも存在しなくて、「各人が馴染める場所」がバラバラに点在しているだけ。それに出会えた人を「協調性がある」と評している。



たまに就職氷河期世代で「自分の就職難は無能が会社にしがみついていたせいだ!」と思い込んで解雇規制撤廃派やる人居るんだけど、労働市場が極端に買い手市場になって需要もシュリンクしてるところで何人クビになってもオレらの就職状況は変わらなかったっすよ。

「雇いたいけど原資が無い」のではなくて「需要が無いからできる限り事業を小さくしたい、社員減らしたい」という状況だったわけで。


2018年06月02日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

<< 18.06.01 - 14 | むなかたの過去ログTOP | 18.05.09 - 16 >>












管理者にだけ公開する