18.06.15 - 28


オリジナル版の隠し要素である2つのボーナスシナリオを収録。ひとつは、ミステリー作家の我孫子武丸氏が、もうひとつはTYPE-MOONが担当する。

428、当時は心底「CANAAN(TYPE-MOON担当ボーナスシナリオ)が本っ当に蛇足だなぁ!!せめて街の青ムシ抄ぐらいのやつにしてくれよ!!」と思ったけど、FGOでTYPE-MOONに数年ハマった今プレイしたら違って感じるだろうか。…いや変わらんか。

428のCANAANのポジションに求められてたのは多分シリアスじゃなくてギャグだし、ネコアルクみたいなノリのやつが欲しかったんだよな。

とりあえず、428未プレイの人はホントやっといた方が良いですよ。あのタマが着ぐるみ脱いだ時の衝撃を是非とも体験して欲しい。

「街」の「花火」にはさすがに全く及ばなかったけど(花火が最高すぎたのだ)、428は428で結構泣けたし「街」の後継作として満足している。



PUBG。

PUBG、撃たれて死ぬのは仕方ないにしても、安全地帯外で死ぬのは本当に情けないし避けたい。完全に自分の立ち回りミスだもんなぁ。


PUBGで「安全地帯の境界を背中にすることで後ろからの奇襲を防げる」というテクニックが攻略サイトとかで紹介されてるけど、実際のところ安全地帯の外から逃げ込んでくるプレイヤー沢山居るし、安全地帯が小さくなる時に自分が動かなきゃならなくなるので普通に詰みませんかこのプレイ。

中盤以降、こういうプレイしてると結局安全地帯からハブられて死ぬことが多い。



色々なことがあった。

「クレーマーに対して参入障壁を儲けるためにオピニオンを有料にしてしまうのが有効」ってのはホントそうで、もうTwitterはまともなオピニオンが生き残れる場所では無くなってるし、言うことにリスクしか無いと思うよオレも。

まとめサイトでもやってPVが即換金できるのでもなければ「多くの人に見られる」というのはリスクしか無い。人は賛同を表明するのには怠惰だけれど、気に入らないものを潰すためなら全力で何でもやるものだから。

そうなったのはいつからかって言うともうネット黎明期からずっとそうなんだけど、単に2chのシステムが(結果的に)よくできていたために長年さほど問題にならなかっただけ。




ガセグルメの問題、美味い不味いの話ではなく、少し前にバラエティで横行していた「芸人が食レポで口に入れた瞬間『うまぁーーーい!!!』と絶叫する(食レポをリアクション芸化する)」みたいなことを周回遅れでネットで素人が始めたみたいな問題だと思ってる。

食レポと称して芸人が口に入れた瞬間に「うまぁーーーい!!」と絶叫するのに対して、視聴者から「さすがにないでしょ…下品すぎるわ…」という反応が出てきて鳴りを潜めたのと同様のことが、ネットのグルメ関係での煽り・盛りコメントに対する「ガセグルメ」の動きだと思って見ている。


「どんなレシピでもレシピに罪は一切無いが、その何でもないレシピにひたすら下品に表現を盛ってハードル上げる人はそりゃ良くないでしょ」と思う。

芸人が食レポと見せかけてただのリアクション芸するのも、ネットで「激ウマ!」「永久に食える!」「麻薬!」「コンビニで売ってる100円スナックがウン万円の高級フランス料理の味に!」とかひたすら煽り文章を激化するのも、端的に言って「食い物で遊ぶな」で終わるべき話。



etc.

ソフトの品質を担保するためにレビューやるとかテストやるとか色々あるわけだけど、現実的には「今すぐどうにかしろ」という時間が無い中で使えない方策を磨くのはほぼ意味が無いような気がする。

時間と気持ちに余裕があれば言われなくてもレビューもテストもしっかりするわけで、問題は「そういう時間が無くてもソフト品質を担保できる方法は無いか」or「そういう時間が無い状況自体を拒否できる方法は無いか」だろう。

まぁ、平時に時間かけてソフト品質上げるとエマージェンシーの機会も減るだろう(無くなるとは言ってない)、というのはそれはそれで正しいだろうけど。

大手だと普通に「どう言われようがこの変更にはテストにこれぐらいの時間が必要で、それをパスしないものは出せません」と言い切るし、本来はそれが正しいと思うけども、なかなかそうもいかない。



自分の評価を他人にゆだねていると「理不尽に評価されない」という時が割とアッサリと理由も無くやってくるので、やはり自分の評価は自分でできるようにならないとダメだなと思う。ダメというか、真面目に命に係わる。

自分の評価を他人に委ねるというのは、端的に言って「他人に依存する」ということだし、自分の承認欲求ぐらい自己満足で満たせないとヤバい。

そういうことを、最近骨身に染みながら思っている。

もう少し具体的に言うと、特定の他人の主観に評価を委ねるのではなくて、情報を集めて世の中の客観的指標を以て自分を評価する、というか。

技術者試験取るとか、まぁそういうのでも良い。



「残業代なんか払うの止めて成果で給与を支払うべきだ」って言ってる人で成果の定義をちゃんとできる方法を示せた人を見たことがないので、そういう方法が出てくるまでこの話は寝かせといて良い。成果で払う気も無い人ばかりが成果主義を言う。

皆、成果なんて「今年、会社がいくら儲かったか」ぐらいしか解らんでしょ。それをどうやって個々の社員の貢献として振り分けるのよ?って、できないでしょ誰も。できないだけならまだしも、やろうとすら思ってないでしょ。それで成果主義言ってんだからどうかしてますって。



ミニ四駆の肉抜きって、結局軽量化目的じゃなくて模型製作の一種みたいな行為として意味がある(それしか意味が無い)よなアレ…。

ミニ四駆の肉抜き、最終的に超薄のクリアボディが発売されて全てが無意味になったような記憶ある。



Kindleで昭和の漫画を色々無料で読めるけど、昭和の漫画なので今ではノリが古すぎて面白くないギャグ漫画が多い。のだけど、「魁!男塾」は普通に今のノリで読んで面白いのでやっぱりこれは怪物なんだと思う。既に1巻で「男塾名物油風呂」やってるし。



「本音で話して」と言われて本当に本音しゃべって良い結果が出たこと、人生で一度も無し。

能動的に自分から本音を主張するのは、また別の話。



「先輩を見てきて、コミュニケーション、特に相手の話を良く聞く大切さを学びました」みたいな台詞って、「先輩が相手の話を良く聞く人だったので、学びました」でも「先輩が相手の話を全く聞かない人だったので、反面教師にしました」でも同じ言葉を使えるので、いい表現だなとふと思った。

つまるところ、こういう表現を学んでいくのが「(悪い)大人になること」という気がする。



休日いくらでも作ったところで休めない状況だったら休日出勤するのだから、元号が変わるほどのイベントがあるときぐらいはいくらでも休日作ったら良くねぇかと思う。



ドグラ・マグラ読んでいて(読んでて本当にしんどいんだが半分以上読み進めてしまったし、もう引くに引けない)、「通夜で複数で寝ずの番をやるのは、一人で遺体に付き添って夢遊病的に無意識で遺体を動かして『動いた!生き返った!』などと騒いだりしないようにするため」という話を見て、膝を打った。なるほどな。


2018年06月30日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

<< 18.06.29 - 07.11 | むなかたの過去ログTOP | 18.06.01 - 14 >>












管理者にだけ公開する