18.10.01 - 16


昨日はこれ行って厚切りジェイソンとあばれる君見てた。あばれる君、営業にめっちゃ強いタイプだった。

司会アナ「では、厚切りジェイソンさんとあばれる君です!」
オレ(あばれる君さんじゃないんだ…)

厚切りジェイソンはいつものネタを無難にこなしており安定感あった。

あばれる君、ネタは面白いの知ってたので少し期待してた程度だったけど、あんなに客いじりが上手いとは思わなかった。というか、あばれる君の小学生人気が凄かった。

あばれる君、小学生人気が凄いのに一番力入れたネタが「桑田の顔真似」という一番の支持層置いてけぼりのオッサン向けネタだったので本当にすげぇなと思った。




古町オクトーバーフェストなう。思った以上に混んでる。

クラフトビールの陣もこんなかな。

ひたすらIPA飲みながら肉やっつけて撤退しよう。

やっぱさぁ、万代だろうが古町だろうが、こういうイベントがあればめっちゃ人が来るくらいのポテンシャルはあるんだから、どんどんイベントやるべきだよ。特に古町。

というわけで撤退。良いイベントだけど、席が足りなさすぎる。

今日は万代の方のイベントが台風で中止されてるのも大きいかもしれん。キャパが足らんというか、そもそもここまで人が来ることを想定してなかった感じもする。



KOC2018

簡単に。

好きだったのはマヂカルラブリー(傘を盗むループ)とさらば青春の光(鼓舞するための人)。両方決勝には残れなかったが。

ファイナルは3組ともなんかちょっとというところで、ハナコが持って行った感じ。まぁ、なぁ、という。


面白いコント、大体開始30秒~1分がタメで、そこでまず設定の出オチがあり、そこからさらに4分で膨らませるというのが鉄板の形だと思う。

M-1でもKOCでも、優勝した芸人が泣く光景、毎度良いなぁと思う。リアルに人生が報われる人が見れるのはこっちも嬉しい。



自分の強みの認識というか。

例えば国が飢饉対策で「とにかくキャベツだけは絶対に切らさないようにする!」と農業作物をキャベツに全振りしたとする。

国にキャベツが溢れるのでひたすらキャベツ料理が進歩して美味しくなり、一方他の野菜は不味くとも希少価値で高騰する。

国民はキャベツにウンザリしてるのでキャベツ料理は下の下に思っているのだけど、他国から見たら「あそこのキャベツ料理はハンパ無ぇ」となり旅行客が殺到する。

でもホテル行ってみると「お客様にキャベツ料理なんか食わせられねぇ、高級な野菜出さないと」となり、不味い野菜を食わされる。


「海無しの山奥の旅館で山菜じゃなくて刺身やエビフライを出される問題」を少し戯画化するとこういう感じなのだろうけど、色んなとこに応用できる気がする。



時代劇あるある。

時代劇でよくある「お千代、いつもすまないねぇ」「おとっつぁん、それは言いっこなしだよ」の、あの伏せってるおとっつぁんがかかってる病気と、高額だけど飲むとその寝たきりがすぐに回復する薬、あれ一体何なんだ。現代でもそんなの無くねぇか。

あと、こういう場合に大体お千代が稼いでる描写が滅多に無くて、親子は何で食ってるのかスゲェ謎。

よくよく考えるとテレビから時代劇が消えて久しいので、今の20代以下にはこういうシーンは本気で伝わらんかもしれんなぁ。

水戸黄門を1クールやると2回ぐらいは出てきそうなイメージのシーンなんだが。時代劇あるある。



etc.

第四と北銀が統合して「これで第四もコンビニATM手数料無料にならねーかなー」と思ってたら、まさか無料どころか値上げするとは思わねーじゃん…。



科研費、結局は財務省マターなので政権攻撃しても何一つ状況が好転しないやつじゃないのかなぁ。

で、財務省マター=国民の緊縮志向(マスコミにちょっと国の借金を家計に例えられる程度で右往左往してしまう)が本丸なので、普段緊縮一辺倒の世論なのにこういうノーベル賞獲ったみたいな時にだけ「科研費を上げろ」と言ってもしょうがないよなと。一週間したら皆忘れるやつだもの。



BIってのは「ベーシックインカム」つまり「基本的収入」であって「生活保護相当額」と考えるのが妥当であり、「月1~2万」では到底BIとは言えないと思いますがね。

到底BIとは言えない「月数万程度」の額で「BIは不公平・不適なのでは?」と言われても「そりゃ、そんなのBIじゃないからね」で話は終わりでしょう。

「限りなく共産主義に寄せた資本主義」がBIということになるのでしょ。



たまに「嫁は人間としてのオレが好きなのかATMとしてのオレが大事なのか」みたいなことを考えてしまうが、「落語の厩火事じゃねぇか」と思い当たって苦笑してしまう。

落語の普遍性ってスゲェな。

厩火事ってやっぱり凄い話で、「やっぱり大切なのは金かよw」というオチのようでいて、本当は「夫婦の好き嫌いなんてのはそんな単純に切り分けできないもの」という話なんだよな。

あのオチは半分照れ隠しであって、でも半分はマジもあり、つまり個人としても稼ぎとしても大切なのだよな。



平成が30年あったことを考えると、例えば歌丸師匠が亡くなったことなんかは「昭和の終わり」というより「平成の終わり」と考えた方がしっくり来るなぁ。



織田裕二と鈴木保奈美が東京ラブストーリー以来27年ぶりの共演、って聞いて、どれくらいの視聴者が「凄い!観なきゃ!」となるものなんだろうか。


2018年10月19日 Twitterまとめ トラックバック:0 コメント:0

<< 18.10.17 - 29 | むなかたの過去ログTOP | 18.09.11 - 30 >>












管理者にだけ公開する