2013.09.11 - 23


ATARU観た。ドラマでのお約束はとりあえず全部詰め込めるだけ詰め込んだという感じ。カレースープ(どん兵衛カレー)、コロッケ、交通案内の犬飼。犬飼は嫌いじゃないんだが今回の「無理やり見せ場入れました」感が凄かった。

劇中でコロコロコロッケパン食いすぎだし、「これセブンで売れば良いのに」はさすがにどうかと思った。ネタなのは解るけどさ。

「小ネタの山」として眺める分にはまぁ面白い。ストーリーはちょっとあまりにも酷い。事件解決もののはずなのに、個々のシーンがどれもバラバラで、全て唐突に切り替わって進む感じ。

破壊屋の少林少女のレビューで「究極のバカが脚本を書くと、登場人物も観客も情報を知らないまま話が進む」というのがあるが、ATARUはかなりコレに近い。特にラストのアメリカに飛ぶとことかな。

脚本書いた人に「お前ら観客は何のことだか解らねーだろうが、ATARUとマドカは天才同士だから全部解ってんだよ、解れよ」と言われてる気がした。

あと、ドラマでも栗山千明の演技は凄く漫画っぽいと思ってたが、劇場版ではそれがさらに大げさになっててちょっとウザかった。色んなことが過剰だった。


この人とほとんど同じ感想。

ATARU 映画 感想 ネタバレ
渥見 怜志(田中哲司)警視庁鑑識課・科捜研連絡係。
が異常に凄すぎ。この人の説明で全て解決する感じ。
アタルよりすごいんじゃない?と思える、知識、仕事内容。

これは本当にそうだったw 「なのねー」で全部一人で勝手に解明して勝手に説明し尽くしてたw


etc.

車高下げまくった車がちょっとした段差でガツガツぶつけるの、馬鹿馬鹿しい光景としてこの世の上位に入る。オメーは車が好きなのか嫌いなのか。

ダイイングメッセージで水星が示されていた→だからといって犯人に「水」の名前が入った人を選ぶのは素人→水星といえばギリシャ神話のヘルメスだがヘルメスは関係ない→だがギリシャ神話が関わっているのは間違い無い→ギリシャを漢字で書くと「希」なので犯人は名前に「希」が入った人だ

…っていう、ひっでぇ答えの謎解きクイズを嫁の実家のトイレで見た。ギリシャ神話どこから出てきた。

カバンに魚肉ソーセージ入れっぱなしにしたの忘れて賞味期限過ぎるとか、ランドセルにパン入れてカビさせる小学生かよと我ながら思う。

「人が死なないと改善されない日本社会」とよく言うが、人が死にまくっても規制されないアメリカの銃社会も大概だな…。

一度バタリアンで「ゾンビ=かなり動く」の設定がメジャーになって、バイオハザードで「やっぱりゾンビはこうだよなー」になり、さらにその後ドーンオブザデッドで「ゾンビ走ってる!すげえ!www」になる、この同じところをグルグル回ってる感じ。

「お前は悪で常に間違い、オレは正義で常に正しい」みたいな人から学べる事は無いし、学べたと感じる事があったとしても、立場が逆になっただけでそれを当人が否定する。

新幹線とか高速道路とかで、「ストロー効果」と「まだ通勤圏内で居られるので人口流出を留められる効果」と、どっちが大きいのかって検証されてんのかな。
ストロー効果を恐れて交通の便を悪いままにしたら、結局行く先は限界集落化しか無いんじゃね。

吉野家に大挙して普通に牛丼食うだけのオフとか、フジテレビの先回りしてゴミ拾いしてたとか、そういうので盛り上がってた状況って掛け値無しに「古き良き」と言えると思う。
ネットは大きくなってどうなったかって、単に怪しい人がワンチャン狙って寄ってきて事態を悪化させるための何かになったとしか思えん。

2013年09月24日 Twitterまとめ(映画含) トラックバック:0 コメント:0

<< デザインパターンに関する備忘録 | むなかた思考TOP | オブジェクト指向 >>












管理者にだけ公開する